研究スタッフ

大瀧雅之 (OTAKI Masayuki)

2017-04-27 更新

所属部門 比較現代経済部門 教授
専門分野 マクロ経済理論,ケインズ経済学,環境経済学,経済思想史
e-mail ohtaki@iss.u-tokyo.ac.jp

経歴

1996年4月-2001年3月 東京大学社会科学研究所助教授
1996年4月-1998年3月 大蔵省財政金融研究所主任研究官(併任)
1998年6月-2004年5月 経済企画庁経済研究所客員主任研究官(併任)
2001年4月- 東京大学社会科学研究所教授

2016年度以降の業績

学術書

  1. Keynes's Generaltheory Reconsidered in the Context of the Japanese Economy, Springer Briefs in Economics, Development Bank of Japan Research Series.

学術論文

  1. “Modified Ramsey’s Rule, Optimal Carbon Tax and Economic Growth,” Atmospheric Climate Sciences (2016) Vol. 6, 224-235, coauthored with Morio Kuninori
  2. “Properties of the Social Discount Rate and Negative Intertemporal Externality in the Utility or Production Function,” Low Carbon Economy (2016) Vol.7, 47-53.
  3. “Modified Ramsey Rule and Optimal Carbon Price,” Atmospheric Climate Sciences (2016) Vol.6, 267-272.
  4. “Artisanship, Meritocracy, and Apathy,” International Journal of Humanities, Social Sciences, and Education (2016), 3-5: 78-89.

2015年度までの主要業績

〈著書〉

  1. 『景気循環の理論:現代日本経済の構造』東京大学出版会, 1994年1月, 454頁. (第37回日経・経済図書文化賞受賞)
  2. 『現代マクロ経済動学』(浅子和美と共編著) 東京大学出版会, 1997年4月, 448頁.
  3. 『成長と循環のマクロ経済学』(吉川洋と共編著) 東京大学出版会, 2000年2月 , 263頁.
  4. 『景気循環の読み方:バブルと不良債権の経済学』 筑摩書房(ちくま新書289), 2001年4月, 190頁.
  5. 『動学的一般均衡のマクロ経済学:有効需要と貨幣理論』 東京大学出版会, 2005年9月249頁.
  6. 『平成長期不況:政治経済学的アプローチ』(編著)東京大学出版会, 2008年7月, VIII+340頁.
  7. 『基礎からまなぶ経済学・入門』有斐閣, 2009年8月, XI+286頁.
  8. 『貨幣と雇用の基礎理論』勁草書房, 2011年5月, xi + 151頁.
  9. 『平成不況の本質:雇用と金融から考える』岩波新書, 2011年12月, iv + 185 + 3頁.
  10. 『金融システムと金融規制の経済分析』(花崎正晴・随清遠との共編著)勁草書房,2013年8月,xiii + 258頁.
  11. 『国際金融・経済成長理論の基礎』勁草書房,2013年12月,xi + 182頁.
  12. Keynesian Economics and Price Theory: Re-orientation of a Theory of Monetary Economy, Springer (refereed)
  13. The Origin of the Prolonged Economic Stagnation in Current Japan: The Factitious Deflation and Meltdown of the Japanese Firm as an Entity (refereed)

〈論文〉

  1. 「政府介入と銀行貸出の重要性」(堀内昭義と共著) 浜田宏一・黒田昌裕・堀内昭義(編)『日本経済のマクロ分析』東京大学出版会:123-148頁, 1987年6月.
  2. 「預金金利の自由化とマクロ経済の安定性」(山崎福寿と共著) Economic Studies Quarterly, 41(1): pp.65-77, 1990年3月.
  3. 「金融の国際化と最適金融政策」(山崎福寿・深尾京司と共著) Economic Studies Quarterly, 41(4): pp.336-52, 1990年12月.
  4. 「産業構造の履歴現象と財政政策」『三田学会雑誌』82(2): 195-225頁, 1991年7月.
  5. 「資本移動の自由化とマクロ経済」 『フィナンシャル・レビュー』19: 184-201頁, 1991年
  6. “Accumulation of Human Capital and the Business Cycle”(深尾京司と共著) Journal of Political Economy, 101(1): pp.73-99, 1993年2月.
  7. 「埋没費用,リスクシェアリング,及び経済成長」『三田学会雑誌』88(2): 25-60頁, 1995年7月.
  8. 「内生的選好と経済成長:Veblen的内生成長モデル」『国民経済雑誌』175: 21-34頁, 1997年1月.
  9. 「独占的競争下の一般均衡投資理論」 『フィナンシャルレビュー』42: 4-16頁, 1997年6月.
  10. 「経済成長理論と日本の経済成長」東京大学社会科学研究所(編)『20世紀システム2:経済成長I基軸』東京大学出版会: 35-69頁, 1998年3月.
  11. “Comments on ‘The anatomy of sovereign debt crises: Lessons from the American state defaults of the 1840s’ by R. Sylla and J.J. Wallis” Japan and the World Economy, 10: pp.295-298, 1998.
  12. 「合理的労使交渉と有効需要管理政策」(宇南山卓・斉藤孝と共著)『社会科学研究』51(2): 87-114頁, 2000年2月.
  13. 「「バランスシート調整」とモラルハザード」吉川洋・通商産業研究所編集委員会(編)『マクロ経済政策の課題と争点』東洋経済新報社: 215-226頁, 2000年4月.
  14. 「失業のマクロ経済学入門」加瀬和俊・田端博邦(編)『失業問題の政治と経済』, 日本経済評論社: 237-249頁, 2000年4月.
  15. 「銀行に監視能力は存在したか:過剰債務問題の観点から」宇沢弘文・花崎正晴(編)『金融システムの経済学:社会的共通資本の視点から』, 東京大学出版会: 113-127頁, 2000年11月.
  16. 「名目賃金交渉とリスクシェアリング仮説」(宇南山卓・玉井義浩との共著)『社会科学研究』51(4): 119-131頁, 2001年3月.
  17. “Finacial Globalization and Foreign Exchange Speculation” Sung-Jo Park and Seigo Hirowatari (eds.), Strategies Towards Globalization: European and Japanese Perspectives, Institute for Asian Studies, Berling Free University: pp.297-307, 2002.
  18. 「市場規律与有効需要的管理政策」戴曉芙・胡令遠編『日本式経済・政治・社会体系:21世紀的課題与展望』, 上海財経大学出版社: 91-109頁, 2002年6月.
  19. 「クラブ財としての公的金融と『民営化問題』日本政策投資銀行をモデルとして」『社会科学研究』57(2): 141-157頁, 2006年1月.
  20. 「乗数理論のミクロ的基礎について」『社会科学研究』57(5·6): 11-23頁, 2006年3月.
  21. 「公的部門の「民営化」を考える」『世界』753: 252-265頁, 2006年6月.
  22. “The dynemically extended Keynesian cross and the welfare-improving fiscal policy”, Economics Letters 96(1), pp.23-29, 2007.
  23. 「「金融立国論」批判:日本経済の真の宿痾とは何か」『世界』776: 106-119頁, 2008年3月.
  24. 「乗数理論およびインフレ理論のミクロ的基礎」大瀧雅之編著『平成長期不況:政治経済学的アプローチ』第2章: 57-88頁, 2008年7月.
  25. “A welfare economics foundation of the full-employment policy”, Economics Letters 102(1), pp.1-3, 2009.
  26. (玉井義浩と共著)「貨幣経済における独占的競争の動学的役割」『社会科学研究』61巻1号, 2009年12月, 101-110頁.
  27. 「デフレは起きていない:現代日本の作られた悪夢」『世界』810, 岩波書店, 2010年11月, 37-45頁.
  28. “On the Function of Money in the Search Model”, DBJ Discussion Paper Series 1007, Research Institute of Capital Formation, Development Bank of Japan, March, 2011.
  29. 「本当に「失われた」ものは何か?失われた10年と「構造改革」を改めて問う」『世界』814, 岩波書店, 2011年3月, 138-146.
  30. 「震災後10年のマクロ経済政策の方針」伊藤滋・奥野正寛・大西隆・花崎正晴編『東日本大震災復興への提言:持続可能な経済社会の構築』東京大学出版会, 2011年5月, 133頁-138頁.
  31. 「グローバリゼイションとはレーガノミクスの別の顔」『日経研月報』, 2011年7月号, 24-29頁.
  32. “A pure theory of aggregate price determination”, Theoretical Economics Letters Vol. 1 No.3, November 2011, pp. 122-128.
  33. “On the dynamic role of monopolistic competition in the monetary economy”(Coauthored with Yoshihiro Tamai) ,Theoretical Economics Letters Vol. 1. No.3. November 2011, pp.114-117.
  34. 「一度きりの事象に確率は振れるか:保険のメカニズムから考える」『人環フォーラム』, 京都大学大学院人間・環境学研究科, 2012年3月, Vol.30., 14-15頁.
  35. “The Role of Money: Credible Asset or Neumeraire?”. Theoretical Economics Letters 2012 No.2, pp.180-182.
  36. “A Keynesian Model of a Small Open Economy under a Flexible Exchange Rate”. Theoretical Economics Letters 2012, Vol.2, pp.278-282.
  37. “A Keynesian Endogenous Growth Theory with a Rigorous Microeconomic Foundation”. Theoretical Economics Letters Vol.2, pp.365-368.
  38. “A Microeconomics Foundation for Optimum Currency Area: The Case for Perfect Capital Mobility and Immobile Labor Force”. Theoretical Economics Letters Vol.2, 2012, pp.395-399.
  39. “A Macroeconomic Consequence of Foreign Direct Investment: The Welfare Economics of Industrial Hollowing”. Theoretical Economics LettersVol.2, 2012, pp.412-417.
  40. “A Study on Lucas' “Expectations and the Neutrality of Money”,”. Theoretical Economics Letters, Vol.2, 2012, pp.438-440.
  41. “A Microeconomic Foundation for the Phillips Curve under Complete Markets without any Price Stickiness: A Keynesian View”. Theoretical Economics Letters, Vol.2, 2012, pp.482-486 (coauthored with Y.Tamai).
  42. “The Aggregation Problem in the Employment Theory: The Representative Individual Model or Individual Employees Model?” Theoretical Economics Letters Vol.2, 2012, pp.530-533.
  43. “The Stability of a Regionally Fixed Exchange Rate System: Can Euro be Sustained by Austere Fiscal Discipline?” Journal of Business and Economics Vol.3, 2012, pp.249-254.
  44. 「貨幣と国債の経済学」『科学』, 2012年5月号, pp.549-556.
  45. 「自著を語る:『平成不況の本質:雇用と金融から考える』」『学際』, Vol.24, pp.104-110.
  46. 「金融政策の限界と新しい有効需要管理政策」『金融財政事情』, 2013年1月14日号, pp.27-31.
  47. 「時代遅れで危険なアベノミクス」『前衛』, 2013年4月号, pp.97-108.
  48. “Endogenous Social Discount Rate, Proportional Carbon Tax, and Sustainability: Do We Have the Right to Discount Future Generations' Utility?” Environmental Systems Research, Vol.2, 2013, pp.1-8.
  49. “How a Key Currency Functions as an International Liquidity Provision and Insurance System”. Theoretical Economics Letters, Vol.3, 2013, pp.43-47.
  50. “The Evaluation of Dexterity and a Theory of the Growth of a Firm”. Modern Economy Vol.4, 2013, pp.226-229.
  51. “Can Bailout Improve the Economic Welfare? A Structural Derivation of the Option Price”. Theoretical Economics Letters Vol.3, 2013, pp.105-107.
  52. “On the Endogenous Sustainability of Economic Growth: Why Is the Scale of Government Enlarged”? Theoretical Economics LettersVol.3, 2013, pp.159-163.
  53. “A Study on Lucas' “Expectations and the Neutrality of Money”-II”. Theoretical Economics Letters Vol.3, 2013, pp.168-170.
  54. “Inseparability of Transaction Medium and Store of Value in the Role of Money,” Theoretical Economics Letters Vol.3, 2013, pp.226-228.
  55. “Monetary Economic Growth Theory under Perfect and Monopolistic Competition,” Theoretical Economics Letters Vol.3, 2013, pp. 216-219 (coauthored with Masaoki Tamura).
  56. “Emission Trading or Proportional Carbon Tax: A Quest for More Efficacious Emission Control,” Environmental Systems Research Vol.2, 2013, pp.1-6.
  57. “Income Disparity, Uneven Economic Opportunities, and Verifiability,” Advances in Social Sciences Research Journal, 2014, Vol.1 No.1, pp. 44-49. http://dx.doi.org/10.14738/assrj.11.62
  58. “Efficacy in Education and Intergenerational Wellbeing,” Theoretical Economics Letters, 2014, No.4, pp. 183-189. http://dx.doi.org/10.4236/tel.2014.43026
  59. 「「なぜ」という問いが足りないメディア:事実追認や既得権益擁護から脱却せよ」,『Journalism』(朝日新聞社)2014年10月号, pp. 71-80.
  60. 「宇沢弘文先生とケインズ経済学」,『現代思想』(青土社)2015年3月増刊号,pp. 62-75.
  61. 「The General Theory of Employment, Interest and Moneyを読む」,『社会科学研究』特集「ケインズとその時代を読む」第66巻第2号,2015年,pp. 3-40.
  62. 「Activities 1931-1939: World Crises and Policies in Britain and Americaを読む」,『社会科学研究』特集「ケインズとその時代を読む」第66巻第2号,2015年,pp. 41-61.
  63. 「経営権と企業成長のコンフリクト:企業成長の源泉としての人的資本の再評価」(柳沼寿法政大学名誉教授との共著),堀内昭義・花崎正晴・中村純一共編著『日本経済:変革期の金融と企業行動』第3章 東京大学出版会 2014年,pp.127-149.
  64. 「効果的な二酸化炭素排出制御:排出権取引の実際と理論」(國則守生法政大学教授との共著),間宮陽介・堀内行蔵・内山勝久共編著『日本経済:社会的共通資本と持続的発展』第7章 東京大学出版会 2014年,pp.235-257.
  65. “On the Limit of Human Cognition: Is Artisanship always Dominated by Profit Motive?” International Journal of Humanities Social Sciences and Education, Vol.2, Issue 6 (2015), 49-57.
  66. “Local altruism as an environmental ethic in CO2 emissions control,” Atmospheric and Climate Sciences, (2015), Vo.5, 433-440.
  67. “Public debt as a burden on the future generation: a Keynesian approach,” Theoretical Economics Letters (2015) Vol.5, 651-658
  68. “Ramsey’s belief and the plausibility of Keynesian economics,” Theoretical Economic Letters (2015), Vol.5, 725-729.
  69. 「フランク・ラムゼー覚書」,『社会科学研究』第67巻第1号, 2015年, pp. 85-102.

今後の研究テーマ

(1) 価格の伸縮性を前提とした動学的ミクロ理論に則ったケインズ理論の研究
(2) 最適な炭素税と炭素価格の理論的研究
(3) ケインズ理論の生成と全体主義の関連

2016年度の教育活動

東京大学大学院経済学研究科 環境経済学の理論(國則守生法政大学教授と共に担当)
法政大学人間環境学部 マクロ経済学I, II、ミクロ経済学I, II

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。