所員の著書

佐藤博樹・石田浩編
『社会調査の公開データ』
(東京大学出版会、2000年12月、3200円)

共編者:池田謙一

編者以外の執筆者:
安蔵伸治・稲葉昭英・松井博・岩井紀子・西川真規子・赤堀三郎・千葉隆之
宮本直美・吉井清子・片桐恵子・上村泰裕・安野智子・永井暁子・間淵領吾・中尾啓子・清水誠


1.公開データによる研究・教育の方法第

(1)公開データによる社会分析の手引き

(2)公開データ利用型の調査教育の勧め

2.公開データセットの紹介

(1)データ・アーカイブとは何か

(2)公開データの概要

(3)主用な公開データ

3.公開データを利用した社会分析

(1)社会的資源と地位達成

(2)政治的疎外意識と政治参加

(3)旧東西ドイツにおける職業生活価値観の違い

(4)出産・夫の育児と妻の夫婦関係満足度

(5)働く母親と子どもの親子関係

(6)福祉国家は今なお支持されているか

(7)結婚観の国際比較

4.公開データの入手方法

(1)公開データの入手方法

(2)資料 関連機関のホームページアドレス

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。