所員の著書

原田純孝編
『日本の都市法 I 構造と展開』
(東京大学出版会、2001年4月、7400円)

序      原田純孝

第1部   「日本型」都市法の生成と都市計画,都市土地問題

第1章   「日本型」都市法の形成    原田純孝

第2章   戦後復興から高度成長期の都市法制の展開    原田純孝
             −「日本型」都市法の確立−

第3章   都市計画の概念と機能    渡辺俊一

第4章   都市土地問題の経済構造    山田良治

第2部   転換期の都市と法

第5章   都市計画法からまちづくり法へ    小泉秀樹
    −1968年都市計画法における土地利用計画・規制も問題点とまちづくり条例−

第6章   都市計画事業法制    安本典夫

第7章   分権・規制緩和・民活下の都市開発事業制度の再編   木村謙二郎・有田智一

第8章   土地区画整理とまちづくり−自由な換地をめぐって−    岩見良太郎

第9章   都市計画と税・受益者負担の再整備    三木義一
       −財源のない分権化と地価上昇システムの崩壊−

第3部   克服すべき課題

第10章   土地所有権の日本的特質    吉田克己

第11章   行政改革と都市計画−公共事業を中心にして−    五十嵐敬喜

第12章   環境優位の都市計画へ    西田裕子

第13章   都市行政と住民の法的位置    見上崇洋
        −都市法領域における原告適格問題を中心に−

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。