東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

研究

所員の著書

工藤章・田嶋信雄(編)
『日独関係史 一八九〇−一九四五 III 体制変動の社会的衝撃』
(東京大学出版会, 2008年3月)

第1章 ヴァイマール・ドイツの日本人知識人
加藤哲郎
第2章 東アジア在留ドイツ人社会とナチズム
中村綾乃
第3章 日本占領下の上海と二つの在留ドイツ人社会
アストリート・フライアイゼン
第4章 ヒトラー・ユーゲントと日本
中道寿一
第5章 日独技術交流とその担い手
エーリヒ・パウアー
第6章 工作機械工業の技術移転史
幸田亮一
第7章 ナチス政策思想と「経済新体制」——日本経済界の受容
柳澤治