東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

研究

所員の著書

上野千鶴子・大熊由紀子・大沢真理・神野直彦・副田義也(編)
『ケア その思想と実践 3 ケアされること』
(岩波書店, 2008.8)

ケアされるということ:思想・技法・作法
上野千鶴子
障害当事者の主体性と非力
時岡新
“ケアされるプロ”として半世紀:日本のケアは変わったか
小山内美智子
ケアされる身体
金満里
女がケアされること
橋本みさお
知的障害者の自立
三田優子
ピアカウンセリングの思想:当事者による当事者介護
安積遊歩
専門家は当事者から何を学ぶか
信田さよ子
夫の母を介護した15年の経験から:「向老学会」の設立へ
高橋ますみ
認知症と共に生きる人たちはどんなケアを求めているのか
永田久美子
成年後見制度:誰が要介護者の代弁をするのか
高村浩
誰が「払い/律する」のか:ダイレクト・ペイメント論
岡部耕典
ユーザーユニオンの結成に向けて
中西正司