所員の著書

田中信行(編著)
『最新 中国ビジネス法の理論と実務』
(弘文堂, 2011.10)

2011.10.7更新

第I部 理論編—グローバル化時代の新理論と課題


第1章 グローバル化のなかで変容する中国法

田中信行
I グローバル化する中国法
II 株式会社と会社法

第2章 最新民事立法の重要論点 —不法行為法を中心に 

王勝明
I はじめに
II 物権法
III 不法行為法
IV 渉外民事関係法律適用法
V 人民調停法
VI 民事訴訟法

第3章 市場経済化と契約法 

小口彦太
I はじめに
II 日中契約法の差異点
III 中国契約法の根底に横たわる1つの法思想
IV 契約違法行為監督処理弁法と契約の自由

第4章 不法行為法と製造物責任

王利明
I はじめに
II 帰責原則
III 欠陥の概念と分類
IV 損害の区別
V 製造物責任の責任主体
VI 製造物責任の免責事由
VII 出荷後のリコールなどの義務
VIII 懲罰的損害賠償

第5章 独占事業と政府の役割

史際春
I はじめに
II 独占禁止法の役割
III 独占的事業の特徴
IV 独占企業の福利と政府の監督
V おわりに

第6章 労働契約法の実施とその課題

常凱
I はじめに
II 労働契約法の実施状況
III 実施上の問題と原因
IV 労働関係の規範化
V おわりに

第II部 実務編—最新立法の概要とその実務


第1章 外資系企業をめぐる問題

森脇章
I はじめに
II 外資規制の体系
III 会社法の体系と外資企業
IV M&A法制の体系と外資企業
V 国有資産保護の法体系と外資企業
VI 企業結合規制の法体系と外資企業
VII 国家安全保障審査の法体系と外資企業
VIII オフショア化とその限界

第2章 労働契約法下の新しい雇用実務

村尾龍雄
I 中国の政策の変遷と労働関係法の立法動向
II 個別的労働関係
III 団体的労使関係

第3章 担保法—物的担保と対外担保制度の交差領域を中心に

石本茂彦・原潔
I 序 論
II 2つの重要な法律—担保法と物権法
III 中国担保物件制度の概観
IV 対外担保制度
V 外国企業による融資・対外抵当権設定の実務運用
VI 結 語

第4章 土地使用権制度の概要と展望

伹見亮
I はじめに
II 現行制度の内容
III 改革の試行と展望

第5章 知的財産法

中島敏
I 知的財産法概要
II 特許権の保護
III 商標権の保護
IV 反不正当競争法
V 著作権の保護
VI 技術契約関係法

第6章 紛争解決制度

田中信行・御手洗大輔・胡光輝
I 紛争解決制度の概要/dt>
II 労働争議の解決
III 渉外紛争の解決

参考文献

事項索引

法令索引

ページの上へ戻る

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。