所員の著書

末廣昭『新興アジア経済論―キャッチアップを超えて』
(岩波書店, 2014年7月)

2014.9.2更新

新刊著者訪問にて末廣先生にインタビューしています.

はしがき

第1章 新興アジア経済論の視角と課題

  1. 新興国とはどこの国か?
  2. 世界銀行による国の分類
  3. 世界とアジアで起きていること

第2章 歴史の中のアジア、世界の中のアジア

  1. 「アジアの世紀」の再来
  2. 世界経済と「生産するアジア」
  3. グローバル化と「消費するアジア」

第3章 アジア化するアジア——中国の台頭と域内貿易の深化

  1. IT産業は中国の一人勝ちか?
  2. アジア域内貿易の深化
  3. 中国ASEAN貿易の進展
  4. 太平洋経済圏と大西洋経済圏

第4章 キャッチアップ再考——技術のパラダイム変化と後発企業の戦略

  1. キャッチアップ型工業化論への批判
  2. アーキテクチャ論と国際標準化
  3. 後発国企業の追跡と革新の戦略
  4. もうひとつの選択——ハーブ革命

第5章 「鼎構造」の変容——政府系企業・多国籍企業・ファミリービジネス

  1. アジア工業化の担い手
  2. アジア通貨危機後に何が起きたのか?
  3. ファミリービジネスの新展開
  4. 家族経営の維持とハイブリット型経営

第6章 中国所得の罠——労働生産性とイノベーション

  1. 要素投入型成長路線の限界
  2. 賃金の上昇と労働生産性の格差
  3. イノベーションと研究開発の国際比較
  4. 三つの国の対応——中国・マレーシア・タイ

第7章 社会大変動の時代——人口ボーナス・少子高齢化・家族の変容

  1. 人口転換と社会変動の関係
  2. 人口ボーナスと経済成長の関係
  3. 高齢化社会の到来
  4. 家族制度の変容

第8章 社会発展なき成長——格差の拡大とストレスの増大

  1. 貧困人口の減少と経済的不平等の拡大
  2. 経済的不平等をめぐる議論
  3. 経済的不平等の要因
  4. ストレス社会の到来

終章 経済と社会のバランス、そして日本の役割

  1. 開発主義・福祉国家・リスク管理
  2. 経済と社会のリバランス
  3. 「課題先進国」日本の役割
参考文献
あとがき

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。