所員の著書

田中隆一著『計量経済学の第一歩―実証分析のススメ』
(有斐閣, 2015年12月)

2016.2.23更新

はしがき

第1章 なぜ計量経済学が必要なのか

  • 政策の「効果」とは?
  • 証拠(エビデンス)に基づく政策
  • エビデンスへの実験的アプローチ
  • 観察データを使った計量経済学的アプローチ

第1部 確率と統計のおさらい

第2章 データの扱い方―数字に隠された意味を読み取る

  • データを整理して情報を読み取る
  • 観測されたデータから全体の傾向を知るには?
  • 2つの事柄の関係を調べる

第3章 計量経済学のための確率論―不確かなことについて語る

  • 物事の起こりやすさを表すツールとしての「確率」
  • 確率の性質を表す確率分布
  • 2つ以上の事柄の確率変数
  • 連続確率分布
  • 計量経済学で使う代表的な確率分布

第4章 統計学による推論―観察されたデータの背後にあるメカニズムを探る

  • 統計的推論とは?
  • 標本平均の性質
  • 標本分散と効率性
  • 仮説検定

第2部 計量経済学の基本

第5章 単回帰分析―2つの事柄の関係をシンプルなモデルに当てはめる

  • 単回帰モデル
  • 最小2乗法
  • 傾きパラメターをどう解釈するか?
  • 最小2乗法の別解法――残差2乗和の最小化
  • 最小2乗推定量は良い推定方法か?

第6章 重回帰分析の基本―外的条件を制御して本質に迫る

  • 外的条件を制御する重回帰モデル
  • 欠落変数によるバイアス
  • 最小2乗推定量の分散
  • 回帰分析後の検定――推定された効果は統計的に意昧のあるものか?
  • 大標本理論

第7章 重回帰分析の応用―本質に迫るためのいくつかのコツ

  • 変数の単位と傾きパラメターの解釈
  • より複雑な政策効果をモデル化する
  • ダミー変数を使った分析
  • 分散が不均一なときの頑健な標準誤差
  • 誤差項の分散が均ーかどうか調べる――分散不均性の検定

第3部 政策評価のための発展的方法

第8章 操作変数法―政策変数を間接的に動かして本質に迫る

  • 内生性の問題と対応
  • 操作変数のモデル
  • 誤った操作変数を用いたら?
  • 2段階最小2乗法

第9章 パネル・データ分析―繰り返し観察することでわかること

  • 複数時点の観測されたデータ
  • 差の差の推定量
  • 2期間パネル・データ
  • 変量効果モデル

第10章 マッチング法―似た人を探して比較する

  • 実験的手法の導入
  • 傾向スコア・マッチング

第11章 回帰不連続デザイン―「事件」の前後を比較する

  • 「制度」の特徴を利用する
  • まとめ
おわりに
索引

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。