所員の著書

中澤渉・藤原翔編著『格差社会の中の高校生―家族・学校・進路選択』
(勁草書房, 2015年9月)

2015.9.24更新

はじめに(中澤 渉)

序 章 高校生の進路選択へのアプローチ―「高校生と母親調査、2012」の目的、設計、分析(藤原 翔)

  • 格差社会の中の高校生
  • 「高校生と母親調査, 2012」の概要
  • 「高校生と母親調査, 2012」データの特徴
  • 本書の課題・構成

第1部 高校生の進路選択の実態

第1章 進学率の上昇は進路希望の社会経済的格差を縮小させたのか―2002年と2012年の比較分析(藤原 翔)

  • なくならない教育達成の社会経済的格差
  • 教育達成・進路希望の杜会経済的格差研究と本章の課題
  • 分析方法
  • 高校偏差値に対する家族と成績の影響
  • 進路希望に対する家族,成績,学校の影響
  • なくならない進路希望の格差

第2章 「学校不適応」層の大学進学―出身階層、学校生活と進路希望の形成(古田和久)

  • 教育達成の階層間格差のメカニズム
  • データと変数
  • 進路希望構造の分析
  • 暖昧な大学進学層の存在

第3章 大学・短大の専門分野はどのように決まるのか―出身階層と高等教育の学科・専攻選択との関係(白川俊之)

  • 問題の所在
  • 教育分野の選択における階層差の説明
  • 教育分野と出身階層の操作的定義
  • 分析結果
  • 世代間関係の限られた開放化

第4章 誰が推薦入試を利用するか―高校生の進学理由に注目して(西丸良一)

  • 大学進学における推薦入試の位置づけ
  • 入試方法を決める要因
  • 定まらない進路

第5章 高校生の職業希望における多次元性―職業志向性の規定要因に着目して(多喜弘文)

  • なぜ日本の高校生の職業希望は多次元的なのか
  • 使用変数と分析の手順
  • 職業希望と職業志向性にかんする基礎分析
  • 職業志向性の類型とその規定要因
  • 多次元的な職業希望を生み出す制度的文脈

第2部 高校生の進路選択と家族・ジェンダー

第6章 進学希望意識はどこで育まれるのか―母子間における接触と意見の一致/不一致に着目して(中澤 渉)

  • 社会化の場と意識形成
  • 進路意識をめぐるこれまでの知見と課題
  • 母子関係のあり方の潜在構造
  • 母子関係の特徴と背景
  • 母子間の進路意識――一致・不一致の背景

第7章 海外に憧れる高校生はだれか―ジェンダーの視点から(高松里江)

  • 若者の海外志向
  • 変数の概要
  • 海外志向の規定要因
  • 海外志向の特徴と課題

第8章 母子間の価値観の伝達―性別役割分業の一般的規範・個人的展望に関する分析(小川和孝)

  • なぜ性別役割分業意識が重要か
  • 性別役割分業意識を社会学的に位置づける
  • 分析の戦略と変数の設定
  • 母子の意識の関連についての実証分析
  • 世代間の性別役割分業意識の関連が不平等に対して意味するもの

第9章 母親の就業経歴と高校生のライフコース展望―「仕事も家庭も」という母親が子どもに与える影響(苫米地なつ帆)

  • 母親の働き方と子どもの意識・行動
  • 母親の就業は子どもにどのような影響を与えるか
  • 分析に使用する変数
  • 母親がライフコース展望に与える影響
  • ロールモデルとしての「働く母親」

終章 親子調査からみえてきた課題―近年の高校教育と親子関係の変化をふまえて(中澤 渉)

  • 学校と家庭の関係を振り返る
  • 教育達成の格差を生む原因――学校外教育への投資という視点から
  • 今後の親子調査に向けて
付録

あとがき(藤原 翔)

人名索引・事項索引

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。