刊行物等一覧

全所的プロジェクト研究成果
『20世紀システム』内容紹介

内容紹介

構想された「世界秩序」と動態

1 構想と形成
 (Design and Formation)

序 20世紀システムの形成と動揺 〈橋本壽朗〉

I 部 構想

  1. 世界戦争と世界秩序
    ——20世紀国際政治への接近 〈藤原帰一〉
  2. アメリカニズム:その歴史的期限と展開 〈古矢 旬〉
  3. ソ連システムの挑戦とコスト 〈和田春樹〉
  4. 「連盟式外交」と「アメリカ式外交」の狭間で
    ——戦前日本の外交と内政 〈坂野潤治〉
  5. 近代日本の国際秩序観と「アジア主義」 〈平石直昭〉
II 部 形成
  1. 冷戦構造の形成とパワー・ポリティックス
    ——西ヨーロッパVSアメリカ 〈田中孝彦〉
  2. 20世紀の国際通貨システム
    ——国際金本位制からブレトン・ウッズ体制へ 〈小林襄治〉
  3. 国際開発体制と自由貿易体制の形成 〈中川淳司〉
(1998.1 既刊)
持続的成長を支えたシステムの力

2 経済成長 I 基軸
 (Economic Growth I : Core System)

I 部 経済成長の歴史と理論

  1. 経済成長の時代 〈橋本壽朗〉
  2. 経済成長の理論と日本の高度成長 〈大瀧雅之〉
II 部 アメリカ的生産方式
  1. アメリカにおける大量生産システムの形成基盤
    ——自動車産業の生成を中心として 〈大東英祐〉
  2. 大量生産方式の普遍性と特殊性:
    アメリカ自動車産業を中心に 〈鈴木直次〉

III 部 アメリカ的生産方式の条件
  1. アメリカ的競争秩序の確立
    —— 56年自動車ディーラー法を素材として 〈森田 修〉
  2. アメリカ的労使関係の確立 〈仁田道夫〉
  3. アメリカ連邦政府の役割:「大砲とバター」 〈渋谷博史〉
(1998.3 既刊)
〈アメリカ〉のインパクトとシステム間の相剋

3 経済成長 II 受容と対抗
 (Economic Growth II : System Spread and Counter-responses)

序論 アメリカのインパクトとシステムの攪乱 〈橋本壽朗〉

I 部 日本とアメリカ:比較と受容・改善

  1. 技術開発と技術の国際的伝播 〈猪木武徳〉
  2. アメリカの工場、日本の工場 〈尾高煌之助〉
  3. 「流通革命」と「消費革命」
    ——消費と流通のアメリカナイゼーションと日本的変容 〈橘川武郎〉
  4. 教育と労働市場
    ——日本における新規学卒者の就職と職安・学校 〈石田 浩〉
II 部 ソ連:反発と学習そして崩壊
  1. 指令的計画経済の蓄積メカニズム
    ——戦後ソ連経済の成長と停滞 〈二瓶剛男〉
  2. ソ連第2次高度成長
    ——国営企業とその労使関係 〈大津定美〉

(1998.9 既刊)
新たなプレイヤーの台頭とそのドラマ

4 開発主義
 (Developmentalism)

序論 開発主義とは何か 〈末廣 昭〉

I 部 「開発」のイデオロギーと成立根拠

  1. 発展途上国の開発主義 〈末廣 昭〉
  2. 経済開発理論の展開と国際機関 〈絵所秀紀〉
  3. ナショナリズム・冷戦・経済開発 〈藤原帰一〉
II 部 開発体制の地域的展開
  1. 開発体制の起源・展開・変容
    ——東・東南アジアを中心に 〈岩崎育夫〉
  2. 経済発展の政治的起源
    ——韓国・メキシコの比較から 〈恒川恵市〉
  3. 中国・台湾2つの開発体制
    ——共産党と国民党 〈田島俊雄〉
  4. 中東の開発体制
    ——エジプトにおけるエタティズムの形成 〈長沢栄治〉
III部 開発体制から見た日本
  1. 後発国工業化と中央・地方
    ——明治期日本の経験 〈中村尚史〉
  2. 経済開発政策と企業
    ——戦後日本の経験 〈橘川武郎〉
(1998.5 既刊)
システムの波及と〈社会〉との軋轢

5 国家の多様性と市場
 (National Diversity and the Global Market)

序論 支えられた多様性から模索する多様性へ 〈平島健司〉

I 部 アメリカ・モデルの波及

  1. 表現の自由をめぐる「普通の国家」と「特殊な国家」
    ——合衆国における表現の自由法理の動揺の含意 〈阪口正二郎〉
  2. 競争法の普遍化
    —— 資本主義の発展と20世紀システム 〈広渡清吾〉
  3. 戦後改革と農村民主主義 〈西田美昭〉
II 部 変容する国家
  1. 行政手続法の構造転換 〈宮崎良夫〉
  2. コミュニケーション過程としての行政システム 〈大橋洋一〉
  3. 司法システムをめぐる「法化」「非=法化」 〈田中成明〉
III 部 グローバル化と国家
  1. 生産方式の変化と労使関係
    ——グロ—バル化への対応 〈田端博邦〉
  2. 脱社会主義と生活保障システムのゆくえ
    —— ポーランドの場合 〈小森田秋夫〉
  3. 欧州統合と民主的正統性
    —— 国家を超える民主的ガヴァナンスの試み 〈平島健司〉
(1998.7 既刊)
世界システムの揺らぎのなかで

6 機能と変容
 (Function and Transformation)

序論 システムの再編はその動揺か精緻化か 〈橋本壽朗〉

I 部 機能と変容

  1. 国際通貨・金融体制の再編
    ——アメリカの非対称性の希薄化とその影響 〈河合正弘〉
  2. 自由貿易体制の機能とその修正 〈伊藤元重〉
  3. 日本型多国籍企業による国際的技術伝播 〈安保哲夫〉
  4. ヨ—ロッパ統合の射程
    —— 覇権代替の可能性 〈工藤 章〉
II 部 統合と覇権
  1. 20世紀システムの中のヴェトナム戦争 〈松岡 完〉
  2. 冷戦の終わりかた 〈藤原帰一〉
  3. ヘゲモニーとネットワーク 〈藤原帰一〉
(1998.12 既刊)

お問い合わせ

e-mail: webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。