所員の著書

大瀧雅之編
『循環と成長のマクロ経済学』
(東京大学出版会、2000年2月、4500円)

共編者:吉川洋

編者以外の執筆者:
石原秀彦・堀内昭義・花崎正晴・鈴木和志・
徳井丞次・宮川努・安田武彦・桜井宏二郎・塩路悦朗・小谷清

Contents

1章  部門間生産性格差とマクロ経済学

2章  有効需要理論と労働市場の機能——一つの新古典派的解釈

3章  資産の流動性と取引費用

4章  金融システムと企業経営統治

5章  金融・資本市場の不完全性と設備投資——実証研究の再検討

6章  対日直接投資と日本企業のR&D活動

7章  偏向的技術進歩と雇用——日本の製造業のケース

8章  日本の地域所得の収束と社会資本

9章  新古典派経済学という「ヨブ記」

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。