刊行物等 一覧

所員の著書(2010年の新刊)

著者 タイトル 出版社 発行年
中林真幸・石黒真吾(編) 『比較制度分析・入門』 有斐閣 2010.12
五百旗頭薫 『条約改正史 -- 法権回復への展望とナショナリズム』 有斐閣 2010.12
佐藤博樹・武石恵美子 『職場のワーク・ライフ・バランス』 日経文庫 2010.11
宇野重規(編) 「政治の発見」第4巻 『つながる──社会的紐帯と政治学』 風行社 2010.10
佐藤博樹・永井暁子・三輪哲(編著) 『結婚の壁—非婚・晩婚の構造』 勁草書房 2010.10
玄田有史 『希望のつくり方』 岩波新書 2010.10
菅原郁夫・山本和彦・佐藤岩夫(編) 『利用者が求める民事訴訟の実践 —民事訴訟はどのように評価されているか』 日本評論社 2010.09
大沢真理 『岩波ブックレット No.790 いまこそ考えたい  生活保障のしくみ』 有斐閣 2010.09
佐々木聡・中林真幸(編著) 『講座・日本経営史3 組織と戦略の時代 1914〜1937』 有斐閣 2010.08
中村尚史 『地方からの産業革命−日本における企業勃興の原動力』 名古屋大学出版会 2010.09
石川博康 『「契約の本性」の法理論』 有斐閣 2010.08
丸川知雄・安本雅典(編著) 『携帯電話産業の進化プロセス−日本はなぜ孤立したのか』 有斐閣 2010.06
馬場康雄・平島健司(編) 『ヨーロッパ政治ハンドブック[第二版]』 東京大学出版会 2010.05
中村圭介 『絶望なんかしていられない−救命救急医ドクター・ニーノ、戦場を駆ける』 荘道社 2010.05
宇野重規 『<私>時代のデモクラシー』 岩波新書 2010.04
TSUJIMURA Miyoko&OSAWA Mari (eds.) Gender Equality in Multicultural Societies: Gender, Diversity, and Conviviality in the Age of Globalization Tohoku University Press 2010.03
辻村みよ子・大沢真理(編) 『ジェンダー平等と多文化共生—複合差別を超えて』 東北大学出版会 2010.03
田島俊雄・朱蔭貴・加島潤(編著) 『中国セメント産業の発展—産業組織と構造変化—』 御茶の水書房 2010.03
水町勇一郎 『労働法〔第3版〕』 有斐閣 2010.03
鶴光太郎・樋口美雄・水町勇一郎(編著) 『労働時間改革—日本の働き方をいかに変えるか—』 日本評論社 2010.03
佐藤博樹(編著) 『働くことと学ぶこと—能力開発と人材活用—』 ミネルヴァ書房 2010.03
中村民雄・須網隆夫(編著) 『EU法基本判例集[第2版]』 日本評論社 2010.03
佐藤博樹 佐野嘉秀 堀田聰子(編) 『実証研究 日本の人材ビジネス—新しい人事マネジメントと働き方—』 日本経済新聞出版社 2010.03
竹内宏・末廣昭・藤村博之(編) 『人材獲得競争−世界の頭脳をどう生かすか!』 学生社 2010.03
平島健司・飯田芳弘 『改訂新版 ヨーロッパ政治史』 日本放送出版協会 2010.03
末廣昭(編著) 『東アジア福祉システムの展望−7カ国・地域企業福祉と社会保障制度』 ミネルヴァ書房 2010.03
玄田有史 『人間に格はない−石川経夫と2000年代の労働市場−』 ミネルヴァ書房 2010.02
阿部武司・中村尚史(編著) 『講座・日本経営史2 産業革命と企業経営 1882〜1914』 ミネルヴァ書房 2010.02
水町勇一郎・連合総合生活開発研究所 『労働法改革—参加による公正・効率社会の実現—』 日本経済新聞出版社 2010.02
金成垣(編著) 『現代の比較福祉国家論−東アジア発の新しい理論構築に向けて』 ミネルヴァ書房 2010.02
スティーブン・シャベル(著)田中亘・飯田高(訳) 『法と経済学』 日本経済新聞出版社 2010.01
田辺俊介 『ナショナル・アイデンティティの国際比較』 慶應義塾大学出版会 2010.01

ページの上へ戻る

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。