所員の著書

田辺俊介
『ナショナル・アイデンティティの国際比較』
(慶応義塾大学出版会, 2010.01)

第1章 国民国家とナショナル・アイデンティティ
1. 「国民国家」という前提
2. 国民国家の変容
3. 「今」・「ここ」・「普通」のナショナル・アイデンティティ

第2章 ナショナル・アイデンティティ研究の展開と概括
1. ナショナル・アイデンティティという概念——その定義の 「鵺」のごとき多様性
2. ナショナル・アイデンティティの影響要因について

第3章 分析視角の提示——いかにして概念的「鵺」をとらえるか?
1. ナショナル・アイデンティティの定義とその下位概念
2. ナショナル・アイデンティティへの影響要因

第4章 国際比較の技法
1. 国際比較分析の方法
2. 分析対象国・対象者の選定方法
3. 使用データ・セットと各国データの概観

第5章 日本——単一民族神話の生きる国
1. 日本のナショナル・アイデンティティの背景
2. 計量から見るナショナル・アイデンティティ

第6章 ドイツ——未完の「国民=民族」国家
1. ドイツのナショナル・アイデンティティの背景
2. 計量から見るドイツのナショナル・アイデンティティ

第7章 アメリカ——アメリカニズムとグローバリズムの相克
1. アメリカのナショナル・アイデンティティの背景
2. 計量から見るアメリカのナショナル・アイデンティティ

第8章 オーストラリア—白—豪主義から多文化主義の実験国へ
1. オーストラリアのナショナル・アイデンティティの背景
2. 計量から見るオーストラリアのナショナル・アイデンティティ

第9章 ナショナル・アイデンティティの概念構造の国際比較
1. 分布の比較
2. 下位概念ごとの比較
3. 概念構造の比較
4. ナショナル・アイデンティティの類型の比較

第10章 ナショナル・アイデンティティの普遍性と特殊性
1. ナショナル・アイデンティティの共通点
2. ナショナル・アイデンティティの相違点
3. 普遍性と特殊性から見るナショナル・アイデンティティ

第11章 From 1995 to 2003 ——ナショナル・アイデンティティの構造的恒常性
1. ナショナル・アイデンティティの可変性と恒常性——1995と2003データの比較から
2. 日本データの1995年・2003年比較
3. 21世紀の「ナショナル・アイデンティティ」と社会科学的研究

あとがき

使用データファイル・参考文献リスト
事項・人名索引

ページの上へ戻る

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。