所員の著書

末廣昭(編著)
『東アジア福祉システムの展望−7カ国・地域企業福祉と社会保障制度』
(ミネルヴァ書房, 2010.03)

第1章 東アジア福祉システムの視点

   −国家・企業・社会の関係 ………………………  末廣昭
第1節 企業福祉と福祉システム−国際比較の視点から
第2節 東アジア福祉国家論の台頭とその限界
第3節 福祉の制度化・社会化・商業化

コラム1 東アジア福祉論の展開とその系譜(末廣昭)

第2章 国の制度・企業福祉観・福利厚生と労働費用

   −東アジア7カ国・地域の比較 … 末廣昭丸川知雄・金炫成
第1節 社会保障制度の枠組みとその適用範囲
第2節 企業アンケート調査の方法と特徴
第3節 企業福祉に対する経営者の見方と方針
第4節 労働法と有給休暇の実態
第5節 企業による福利厚生の提供
第6節 労働費用の構成−法定福利・法定外福利・退職金
第7節 「東アジア福祉システム」は存在するのか?

コラム2 企業福祉に関するアンケート調査が直面した諸問題(末廣昭)

第3章 中国

   −体制移行下の企業福祉と企業行動 ……………  木崎翠
第1節 社会保障制度の枠組みと法定福利費
第2節 企業による費用負担の高さ
第3節 「法定外福利」と企業行動
第4節 まとめと展望

コラム3 中国の祝日と有給休暇規定(木崎翠)

第4章 中国

   −アンケート調査にみる企業福祉の変貌 ………… 丸川知雄
第1節 企業福祉に関する2つのイメージ
第2節 調査の方法と対象
第3節 企業内福利厚生を決める要因
第4節 休暇制度
第5節 法定福利・法定外福利の負担
第6節 先の見えない中国の企業福祉

第5章 台湾

   −政府が奨励した企業福祉とその変容 ………… 上村泰裕
第1節 憲法実質化への長い道程
第2節 企業を取り巻く社会保障制度
第3節 回答企業の特徴と企業福祉観
第4節 休暇制度と法定福利
第5節 法定外福利
第6節 福祉レジームの再編と個人化の進展

コラム4 台湾企業の福祉重視の内実−聞き取り調査から(上村泰裕)

第6章 韓国

   −国家福祉の代替から補完へ ………………… 株本千鶴
第1節 問題の所在
第2節 社会保障制度の枠組み
第3節 企業福祉の歴史と徴
第4節 企業福祉に対する見方
第5節 有給休暇・法定外福利・退職金
第6節 企業福祉と国家福祉の関係

コラム5 企業はなぜ社員の子どもの学費を支援するのか(株本千鶴)

第7章 タイ

   −国家による福祉の制度化とその限界 …………  末廣昭
第1節 「1997憲法」のインパクト
第2節 社会保障制度の展開と枠組み
第3節 調査企業の特徴と企業福祉観
第4節 有給休暇と企業内福利厚生
第5節 定年, 退職金制度, プロビデントファンド
第6節 労働費用の構成
第7節 福祉の制度化・社会化・商業化

コラム6 タイ成人男性の得度と出家休暇(末廣昭)

第8章 マレーシア

   −年金基金EPFの重視と制度の経路依存性 ……  鳥居高
第1節 植民地経験と社会福祉
第2節 社会保障政策の4つの社会的背景
第3節 社会保障システム
第4節 企業による福祉−法定福利の制度的枠組み
第5節 マレーシア企業による企業福祉−FMM企業調査から
第6節 制度と法の遵守

コラム7 イスラーム保険の導入と拡大−神の領域と人の領域(鳥居高)

第9章 シンガポール

   −国家の統制とミニマムな企業保障 …………… 浜島清史
第1節 政府による社会保障制度の枠組み
第2節 2003年以降のCPFの制度改革
第3節 CPFの実態と他の社会保障制度
第4節 雇用契約と企業福祉・企業の福利厚生
第5節 企業アンケート調査による企業福祉の実態
第6節 国家による社会保障の統制

コラム8 シンガポールの国家体制と福利厚生(浜島清史)

第10章 インドネシア

   −未成熟な社会保障と4つの格差 ……………… 中村圭介
第1節 1945年憲法修正(2000年)が示唆するもの
第2節 社会保障制度の枠組みと特徴
第3節 企業福祉についての方針と考え方
第4節 有給休暇と福利厚生制度
第5節 退職金制度
第6節 企業福祉の費用−法定福利と法定外福利
第7節 成熟への遠い道のり

コラム9 インドネシアの「幻の国家社会保障制度法」(中村圭介)

付録

付録1 東アジア福祉国家論・社会保障制度の文献案内(末廣昭)
付録2 東アジア社会政策・社会保障制度に関する文献目録(末廣昭)
付録3 企業アンケート調査の日本語版原票(末廣昭)

図表一覧


索引

ページの上へ戻る

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。