所員の著書

中村尚史(著)
『地方からの産業革命−日本における企業勃興の原動力』
(名古屋大学出版会, 2010.09)


新刊著者訪問にて中村尚史教授にインタビューしています。
序 章 地方からの産業革命
1 産業革命・再考 —— 問題の所在
2 経済主体と地域経済 —— 課題と方法
3 本書の内容 —— 対象と構成

第Ⅰ部 産業革命のなかの地域経済

第1章 日本における産業革命の前提 —— 経営資源と工業化イデオロギー
はじめに
1 産業革命の初期条件
2 工業化イデオロギーの論理構造 —— 富国論をめぐる中央・地方
小 括
第2章 企業勃興の地域構造 —— 分散と集中
はじめに
1 産業革命期の日本経済
2 第一次企業勃興の地域構造
3 企業勃興の展開
小 括

第Ⅱ部 企業勃興の原動力
 —— 「地方の時代」とその担い手

第3章 地方工業化の始動と地方官 —— 日本鉄道の東北延線と岩手県
はじめに
1 日本鉄道会社の路線延長と岩手県
2 岩手県における日本鉄道速成運動の展開
3 速成運動の結果と意義
小 括
第4章 地方企業家と企業勃興 —— 福岡県三池地方の事例
はじめに
1 地方の企業勃興
2 地方企業家と企業勃興 —— 三池地方の事例
3 地方企業の展開(Ⅰ) —— 三池土木会社の経営展開
4 地方企業の展開(Ⅱ) —— 三池紡績と地方企業家
小 括
第5章 地方資産家の投資行動 —— 大阪府泉南郡廣海家の事例
はじめに
1 泉南郡の産業構造と地方資産家
2 明治前期廣海家の資産形成と投資行動
3 泉南郡における企業勃興の発生と廣海家
4 日清戦後期廣海家の収益基盤と投資行動
5 日露戦後期における廣海家の投資行動と地方企業
小 括
第6章 「地方財閥」の誕生 —— 福岡県筑豊地方安川・松本家の事例
はじめに
1 筑豊地方における炭鉱業の発達と安川・松本家
2 安川敬一郎の事業活動と資産形成
3 事業再編と内部資本市場
4 「地方財閥」への道
小 括

第Ⅲ部 都市工業化の基盤形成
  —— 「都市の時代」の幕開け

第7章 電力業の勃興と都市工業化 —— 東京市の事例
はじめに
1 電気事業の生成と東京電灯
2 長距離高圧送電と大容量水力発電所
3 電気供給システムの形成
4 工場電化の進展
小 括
第8章 電力供給システムの形成と都市周辺地域 —— 京浜地方の事例
はじめに
1 日露戦後の電気事業と京浜地方
2 横浜電気の成立と横浜市場
3 富士瓦斯紡績の電力供給システムと京浜地方
小 括
終 章 地域経済の活性化と構造変化
はじめに
1 地域経済活性化のメカニズム
  —— 経済主体・ネットワーク・工業化イデオロギー
2 産業革命期における地域経済構造の変化
小 括

ページの上へ戻る

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。