所員の著書

水町勇一郎
『集団の再生:アメリカ労働法制の歴史と理論』
(有斐閣、2005年11月)

Contents

第1章 いま論じるべきことは何か?:問題状況と本書の目的

第2章 プロローグ:アメリカ的な「個人の自由」。そして「集団」の台頭,凋落
 第1節 アメリカ的な「個人の自由」の形成:アメリカの原初的労働社会(17世紀〜19世紀半ば)
 第2節 「個人の自由」の歪みと「集団」の模索:産業化の進展と労働運動の生成(1860年代〜1933年)
 第3節 「集団」の台頭:ケインズ主義的政策と産業民主主義の確立(1933年〜1960年代)
 第4節 「集団」の凋落:労働組合の凋落と労働問題の変容(1960年代〜)

第3章 「集団」の再生:その理論的基盤と手法
 第1節 基本概念:「自由」「発言」「交渉」「構造」
 第2節 改革案

第4章 学びとるべきものは何か?アメリカの議論のまとめと日本の課題

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。