所員の著書

渋谷博史
『20世紀アメリカ財政史III:レーガン財政からポスト冷戦へ』
(東京大学出版会、2005年6月)

Contents

第III巻の問題意識と概要

第7章 レーガン税制:アメリカの「納税者の論理」
1. 福祉国家の歴史的転換と「納税者の論理」 / 2. 1981年経済再建税法 / 3. 1986年税制改革法 / 4. レーガン税制と福祉国家

第8章 レーガン共和党政権期の財政構造:「豊かな社会」の「小さな政府」
1. 歴史的要請と財政的枠組み / 2. 軍事拡充 / 3. アメリカ型福祉国家の合理化と再編:アメリカ的方向の強化 / 4. 国債政策とクラウディング・アウト現象

第9章 1990年代の冷戦終焉とアメリカ財政の再建
1. ブッシュ共和党政権期の財政構造:冷戦終焉とアメリカ的原則の確認 / 2. クリントン民主党政権期の財政構造:財政再建と福祉国家の再編

終章 21世紀への展望
1. 20世紀末に純粋化したアメリカ・モデル / 2. 21世紀における価値基準の転換

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。