所員の著書

宇野重規
『西洋政治思想史』
(有斐閣アルマ, 2013年10月)

2013.10.25更新

はじめに

    政治思想史に意味があるのか 「自由」の発展としての歴史? グローパル・ヒストリー」時代の政治思想史 「政治的人文主義」と「共和主義」 ヨーロッパの「地域性」 政治哲学との架橋

第1章 古代ギリシアの政治思想

1 古代ギリシアにおける政治と哲学
    ポリスの誕生 デモクラシーの成立 自由・正義・法 デモクラシーと哲学
2 プラトン
    法は絶対か ソクラテスの登場 『ゴルギアス』と『国家』 イデアと哲人王
3 アリストテレス
    形而上学 学問の体系 ポリス世界と『政治学』 政体論

第2章 ローマの政治思想

1 ヘレニズムとローマ
    ポリス世界の黄昏 共和政ローマの発展 ポリュビオスの混合政体論 ギリシアとローマの違い
2 帝政ローマの政治思想
    帝政への移行 キケロ タキトゥス セネカ
3 キリスト教の誕生
    ユダヤ教という起源 イエス・キリストの出現 バウロ 初期キリスト教徒の共同体
4 アウグスティヌス
    論争の生涯 神の国と地の国 自由意志と悪 キリスト教における時間

第3章 中世ヨーロッパの政治思想

1 ヨーロッパ世界の成立
    古代一中世一近代? カロリング・ルネサンス 封建社会と法 両剣論
2 12世紀ルネサンスとスコラ哲学
    12世紀ルネサンス シャルトル学派とソールズベリのジョン スコラ哲学 トマス・アクィナス
3 普遍論争と中世世界の解体
    普遍論争 普遍的共同体の解体 王権の発展と団体・代表理論 ダンテとパドヴァのマルシリウス

第4章 ルネサンスと宗教改革

1 マキアヴェリ
    イタリア都市国家の発展 マキアヴェリとその時代 君主論 リウィウス論
2 宗教改革
    宗教改革とは ルター カルヴァン 宗教改革の帰結
3 宗教内乱期の政治思想
    迫害,寛容,抵抗権 モナルコマキの諸相 ポリティーク派の寛容論 ボダン

第5章 17世紀イングランドの政治思想

1 イングランド内乱
    イングランド内乱の展開 レヴェラーズ ミルトン 自由な国家
2 ホッブズ
    新しい政治学 自然状態と自然法 国家の成立 宗教論と主権の限界
3 ハリントン
    「古代の知恵」 軍隊と土地所有 『オセアナ共和国』の制度構想 ネオ・ハリントニアン
4 ロック
    自然法と人間の認識能力 自然状態 政治社会 宗教論

第6章 18世紀の政治思想

1 モンテスキュー
    絶対王政への知的抵抗 共和政,君主政,専制政 イングランドの発見者 商業社会
2 啓蒙思想
    新たな知の拠点とネットワーク 啓蒙とは何か 道徳哲学 啓蒙と政治権力
3 スコットランド啓蒙
    合邦と社会変動 カントリ派とコート派 道徳哲学と文明社会論 ヒューム

第7章 米仏二つの革命

1 ルソー
    『学問芸術論』 『人間不平等起源論』『社会契約論』 残された問い
2 アメリカ独立と『ザ・フェデラリスト』
    アメリカ独立革命 トマス・ペイン ジェファソン 『ザ・フェデラリスト』
3 フランス革命とバーク
    フランス革命の衝撃 『現代の不満の原因』 議会・政党論 『フランス革命の省察』

第8章 19世紀の政治思想

1 ヘーゲル
    フランス革命批判 外面的国家批判 市民社会 行政,職業団体,国家
2 トクヴィルとミル
    フランス革命と自由主義の誕生 トクヴィル デモクラシ一社会の危険性 J.S.ミル
3 社会主義とマルクス
    社会問題と社会主義 サン・シモンとフーリエ オーウェンとブルードン マルクス

結章 20世紀の政治思想

    デモクラシーの世紀 政治とは何か 自由主義の転換 政治思想の現在

あとがき

読書案内
引用・参考文献
事項索引
人名・書名索引

ページの上へ戻る

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。