所員の著書

廣渡清吾
『知的再生産構造の基盤変動:法科大学院・大学・学術コミュニティーの行方』
(信山社, 2009.3)

序:本書の成り立ちおよび位置づけ

I

1 司法改革と大学改革:何をそこにみるか
2 法曹養成と法学教育の行方
3 法学教育の位置と法曹養成
4 法曹養成の公共性と法科大学院
5 法科大学院をどう考えるか
6 法曹養成教育と法の基礎科学
7 法曹養成教育と法科大学院:高度専門職教育の位置
8 司法改革における法律家
9 法科大学院の創設と法学教育・研究のあり方
10 「法科大学院時代」に法学教育および法学研究者養成をどう考えるか

II

11 独立行政法人化問題と東京大学
12 グローバル化する社会における大学と国家
13 大学と司法改革:法科大学院の文脈
14 大学の制御と組織の変化
15 大学の再編と大学のコンセプト
16 大学の倫理と日独の大学
17 大学の危機と革新:複合的知と世界的公共性
18 大学の理念を社会とともに創造すること
19 国立大学の法人化と東京大学憲章:「法人化」の独自の探索

III

20 ジャーナリズムとアカデミズム:Science for Societyのために
21 転機に立つ法学・政治学
22 日本学術会議法の改正について:経過・改正の論点・今後の改正について
23 科学者コミュニティーの構築に向けて
24 人文・社会科学の役割と責任
25 科学者コミュニティーのこれから
26 人文・社会科学における若手研究者の育成

資料

東京大学憲章(二〇〇三年三月)
日本学術会議第二部報告「法科大学院の創設と法学教育・法学研究の将来像」  (二〇〇五年七月)

ページの上へ戻る

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。