所員の著書

廣渡清吾
『比較法社会論研究』
(日本評論社, 2009.3)

第1部 比較法社会論の課題と方法

第1章 はじめに:末弘法学から学ぶ
第2章 比較の方法について:分類論的方法と問題論的方法
第3章 「比較」論、「関係論」および「段階」論
第4章 文化と制度:法の作用因をどうとらえるか
第5章 比較のための総体的な理論枠組み:問題設定の手がかり
補論 法整備支援と比較法社会論

第2部 グローバル化のなかの国家と社会

第6章 日本社会の近代化と法化
第7章 20世紀における競争法の普遍化
第8章 グローバリゼーションと日本国家
第9章 制度としての国民国家:そのメタモルフォーゼ
第10章 市民・市民社会と国民・国民国家と法
第11章 市民社会論のルネッサンスと市民法論
第12章 資本主義法の現在:第2部のまとめにかえて

第3部 総合フォーラムとしての法理論

第13章 法的判断論の構図:法の解釈・適用とは何か

ページの上へ戻る

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。