所員の著書

佐藤健二・山田一成(編著)
『社会調査論』
(八千代出版, 2009.9)

1部:社会調査の方法

  佐藤健二
1章:問うということ──問題の組織化
2章:対象を設定する──単位と全体の構成
3章:データの収集──新しいテクストづくり
4章:データの処理──データベースの構築
5章:データの分析──比較から説明へ
6章:書くということ──分析の再組織化

2部:社会調査の問題

  山田一成
7章:社会調査と社会認識
8章:具体的な知・抽象的な知
9章:仮説が生まれるとき
10章:社会調査がつくる「現実」

3部:社会調査の実践

11章:方法論の歴史と想像力
佐藤健二
12章:日雇い労働現場のフィールドワーク
田中研之輔
13章:住まいという場を読み解く
祐成保志
14章:犯罪を減らすためになにをどう探るか
原田豊
15章:地域社会に広がる社会関係の網
浅川達人
16章:格差や不平等をどうとらえるか
佐藤香
17章:「所有」と「自然」の発見
宮内泰介

ページの上へ戻る

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。