所員の著書

佐藤博樹・武石恵美子(編著)
『ワーク・ライフ・バランスと働き方改革』
(勁草書房, 2011.03)

2011.3.15更新

はじめに

佐藤博樹・武石恵美子

序 章 ワーク・ライフ・バランスと働き方改革

佐藤博樹
1 「新しい報酬」としてのワーク・ライフ・バランス支援
2 ワーク・ライフ・バランス支援を実現するために
3 ワーク・ライフ・バランス支援と女性の活躍の場の拡大
4 ワーク・ライフ・バランス支援と人事処遇制度の連携、企業業績
5 人材活用の要としてのワーク・ライフ・バランス支援

第Ⅰ部 ワーク・ライフ・バランスの現状と課題


第一章 働く人々のワーク・ライフ・バランスの現状と課題

高村静
1 調査対象者および働き方の概要
2 ワーク・ライフ・コンフリクトの状況について
3 ワーク・ライフ・バランスの実現の状況と組織に対する働く人の意識特性
4 ワーク・ライフ・バランスの実現に影響を与える職場の特性
5 夫婦の働き方とそれぞれの職場の両立支援制度
6 適切なマネジメントが高めるワーク・ライフ・バランス施策の効果
コラム

第二章 社員のワーク・ライフ・バランスの実現と管理職の役割

松原光代
1 管理職の働き方
2 部下のワーク・ライフ・バランス満足度と職場のパフォーマンスを高める要因
3 管理職のマネジメントを高める要因
4 ワーク・ライフ・バランスとワーク・ライフ・バランス支援のための職場マネジメントの課題
コラム

第三章 欧州企業における働き方とワーク・ライフ・バランス

朝井友紀子
1 欧州と日本の働き方の違い
2 日本のワーク・ライフ・バランス推進の現状とそのニーズ
3 欧州ヒアリングの概要と結果
4 欧州の働き方が示唆すること

第Ⅱ部 ワーク・ライフ・バランスを実現するための働き方改革


第四章 時間意識の向上のためのモデル事業と働き方改革

武石恵美子・佐藤博樹
1 働き方改革と時間意識
2 時間制約を意識化する
3 働き方改革のモデル事業の概要
4 働き方改革はどのように進んだか
5 職場マネジメントの対応
6 働き方改革を進めた職場事例
7 成果と課題

第五章 柔軟な働き方を可能とする短時間勤務制度の導入と運用

矢島洋子
1 柔軟な働き方の選択肢として期待される短時間勤務
2 短時間勤務制度に対するニーズ(従業員・企業)
3 短時間勤務制度の導入における課題
4 短時間勤務制度の運用上の課題
5 短時間勤務制度の運用からみえてくるもの

第六章 実務の現場から提案する残業削減の必要性と課題

大塚万紀子
1 残業の弊害と残業削減のメリット
2 残業削減に取り組む際の基本的な考え方
3 残業削減策の具体的なステップ
4 社会全体でワーク・ライフ・バランスの実現を

終 章 働き方改革を進めるために

武石恵美子
1 ワーク・ライフ・バランス実現における「働き方改革」の意味
2 現状の働き方の課題はどこにあるのか
3 働き方の改革をどう進めるか
4 働き方改革のための課題

ページの上へ戻る

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。