所員の著書

石田浩・近藤博文・中尾啓子(編)
『現代の階層社会2 階層と移動の構造』
(東京大学出版会, 2011.09)

2011.10.4更新

刊行のことば
はしがき

I 社会移動の諸相


1 社会移動の趨勢と比較

石田浩・三輪哲
1.社会移動の研究
2.調査データと分析手法
3.戦後日本の社会移動の趨勢
4.社会移動の国際比較
5.結 語

2 上層ホワイトカラーの再生産

石田浩・三輪哲
1.格差社会論の隆盛
2.格差の固定化と階層閉鎖性の上昇
3.上層ホワイト閉鎖性の再検証
4.上層ホワイト閉鎖性の国際比較
5.初職時点での上層ホワイト閉鎖性
6.初職開始後の上層ホワイト閉鎖性
7.結 語

3 労働市場の構造と自営業への移動に関する国際比較

竹ノ下弘久
1.階層移動研究のなかの自営業
2.自営業への移動を左右する各国の労働市場の文脈
3.マクロな制度的条件と個人の自営業への移動
4.方法、データと変数
5.記述統計から見る3カ国の自営業の推移
6.3カ国における自営業への移動パターン
7.労働市場の制度編成と階層移動研究

4 労働者階級はどこから来てどこへ行くのか

橋本健二
1.労働者階級と社会移動
2.階級構成と労働者階級の内部構成の変化
3.労働者階級と出身階級
4.労働者供給構造の変遷
5.アンダークラスの形成と労働者階級の将来

5 世代間所得移動からみた機会の不平等

吉田崇
1.機会の不平等について考える
2.世代間所得移動研究でわかったこと
3.世代間所得移動の測定
4.機会の不平等のさらなる検証を

II 教育と階層


6 教育達成における階層差の長期趨勢

近藤博之・古田和久
1.はじめに
2.データと方法
3.長期趨勢の分析
4.格差拡大に対する抵抗力

7 教育達成の日台韓比較

鹿又伸夫・裵智恵
1.高学歴化と進学格差
2.日本・台湾・韓国の高学歴化
3.出身格差の変化
4.データ・モデル・変数
5.格差の変化と各国間相違
6.要約と考察

8 教育アスピレーションから見る現代日本の教育の格差

趨勢変化と国際比較を通じて 相澤真一
1.問題設定
2.教育アスピレーションの先行研究
3.日本社会における教育アスピレーションの趨勢
4.教育アスピレーションの規定要因と地位達成への影響の検討
5.考察とまとめ

9 高校平準化と社会階層

日本と韓国に見る高校間格差解消政策の帰結 中村高康
1.はじめに
2.日本と韓国の高校平準化政策
3.方法・データ・分析
4.東京およびソウルにおける高校平準化と社会階層
5.韓国における高校平準化と社会階層
6.おわりに

10 大学の学校歴を加味した教育・職業達成分析

平沢和司
1.学歴から学校歴へ
2.データと分析対象者
3.変 数
4.初 職
5.現 職
6.教育達成
7.結論と議論

III 流動性と職歴・転職


11 職歴からみる雇用の流動化と固定化

職業経歴の多様性 渡邊勉
1.雇用の流動化
2.従業先の移動
3.職歴パターンの多様性
4.職業連結の多様化と固定化
5.結 論

12 日本型就職システムの変容と初期キャリア

「包摂」から「選抜」へ? 香川めい
1.はじめに
2.職業への移行に関わる制度と慣習の利用比率の変化
3.初期キャリアのパターンはどう変化してきたのか
4.移行の制度や慣習と初期キャリアの関連は強くなっているのか
5.まとめ

13 学歴と初期キャリアの動態

戦後日本型ライフコースの変容 岩井八郎
1.戦後日本型ライフコースの転機
2.ポスト・フォーディズムと教育の拡大
3.女性の高学歴化と初期キャリア
4.男性における学歴と初期キャリア
5.人生設計の個別化と格差

14 女性のライフコースと就業

M字型カーブの行方 平田周一
1.はじめに
2.日本的雇用慣行と女性の就業
3.女性はなぜ結婚すると仕事をやめるのか
4.M字型就業率カーブは変化したのか
5.結論と今後の展望

15 就職におけるネットワークの役割

戦略的資源かサポート資源か 石田光規・小林盾
1.はじめに
2.ネットワークの効果
3.分析枠組みと使用するデータ
4.分析結果
5.結 論

16 転職時の収入変化

高度経済成長期から2000年代までの構造と変容 林雄亮
1.労働市場と職業キャリアの変容
2.転職時の収入変化に関する先行研究
3.データと方法
4.転職者の特徴
5.転職時の収入変化の基礎分析
6.転職時の収入変化の規定因と時代変化
7.労働市場流動化の内実と格差問題

IV 階層構造


17 東アジアの社会階層構造比較

報酬・地位の違いを生み出す変数は何か? 有田伸
1.東アジア社会階層構造比較の意義
2.報酬・地位の格差をもたらす条件
3.背景条件の東アジア比較
4.分析方法
5.所得に対する効果
6.主観的地位評価に対する効果
7.比較の観点からみた日本・韓国・台湾の社会階層構造

18 地位達成モデルの東アジア国際比較

中尾啓子
1.はじめに
2.地位達成過程の研究
3.Blau-Duncan地位達成モデルの東アジア3カ国国際比較
4.データと変数
5.分析結果
4.男女比較
5.まとめと考察

19 職業評定の国際比較

日本・韓国・アメリカの3カ国比較 元治恵子
1.はじめに
2.データと変数
3.職業威信スコアの日韓米比較
4.職業評定構造の日韓比較
5.おわりに

20 少子化社会の階層構造

階層結合としての結婚に着目して 白波瀬佐和子
1.階層結合としての結婚
2.だれが結婚するのか
3.知り合ったきっかけ:長期化する結婚までの時間
4.だれと結婚するのか
5.夫婦の学歴結合の意味:次世代への格差継承
6.階層構造を支える少子化社会の結婚

21 社会空間アプローチによる階層の分析

近藤博之
1.多次元の階層空間
2.ブルデューの社会空間
3.データと分析法
4.日本の社会空間
5.文化資本のリアリティ

ページの上へ戻る

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。