所員の著書

大瀧雅之『貨幣・雇用理論の基礎』
(勁草書房, 2011.5)

2011.5.11更新


序章 本書の目的と構成

第I部 ケインズ理論の再構築を目指して

第1章 価格と貨幣の基礎理論

1.1 経済活動の中心は貨幣

1.2 限界費用か貨幣数量か

1.3 価格の硬直性=貨幣の信頼性

1.4 インフレは貨幣的現象か

1.5 Keynes-Walras型モデル

1.6 貨幣数量説との理論的関連

章末付録 指数理論の基礎


第2章 寡占と雇用の基礎理論

2.1 寡占の動学的意義

2.2 Keynes-Chamberlin型モデル

2.3 寡占の効能

補遺 デフレの場合

章末付録 Kiyotaki-Wrightモデルの再検討


第3章 非自発的失業の存在証明

3.1 「完全雇用政策」の政治経済学的意義

3.2 企業は誰のものか

3.3 名目賃金交渉と「非自発的失業」:Keynes-Carr型モデル

3.4 モデル分析

章末付録 労働組合性悪説(口入屋理論)


第4章 フィリップス曲線再考

4.1 フィリップス曲線は市場の不完全性を表すものか

4.2 労働の学習効果について

4.3 モデルの設定

4.4 市場均衡

4.5 財政・金融政策の経済厚生的意義

4.6 おわりに


第II部 ケインズ理論の哲学的背景

第5章 同時代人としてのケインズ

5.1 道徳科学としての経済学:ケインズとロビンスを中心に

5.2 人間としての労働者:ケインズとピグ—を中心に

5.3 おわりに


第6章 ケインズの政治哲学:ロバート・スキデルスキー著 Keynes: The Return of the Master に寄せて

6.1 はじめに

6.2 本書の構成と内容

6.3 技法・近似としての「合理的期待仮説」

6.4 『貨幣・雇用理論の基礎』の政治経済学的意義


参考文献
人名索引
事項文献

ページの上へ戻る

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。