所員の著書

菅野和夫・仁田道夫・佐藤岩夫・水町勇一郎(編著)
『労働審判制度の利用者調査 -- 実証分析と提言』
(有斐閣, 2013年3月)

2013.03.15更新

第I部 序論


第1章 雇用労使関係の変化と労働審判制度の意義

菅野和夫
I 雇用労使関係の変化と労働審判制度の成立
II 労働審判制度以降—紛争解決制度の紛争掘り起こし効果
III 雇用労使関係における労働審判制度の意義
IV むすび—今後の研究課題は?

第2章 労働審判制度利用者調査の概要

佐藤岩夫
I 労働審判制度利用者調査の概要
II 回答者の立場、事件種別、労働審判手続に至る経緯
III 労働審判手続の申立理由と請求内容
IV 手続および手続関与者の評価
V 結果の評価
VI 弁護士の評価
VII 労働審判手続で重要と考える特徴
VIII むすび

第II部 利用者からみた労働審判制度(分析編)


第3章 労働審判制度利用者の動機と期待

飯田 高
I はじめに
II 審判利用動機の構造
III 事件類型と動機・期待
IV 動機・期待と結果に対する評価
V まとめと結語

第4章 労働審判制度の基本的特徴の検証
   −−迅速性・専門性・適正性

佐藤岩夫
I はじめに
II 労働審判制度に対する評価の全般的概観
III 迅速性—迅速な解決と審理の充実
IV 専門性—労働審判員および労働専門部の効果
V 紛争の実情に即した適正な解決
VI まとめ

第5章 金銭的側面からみた労働審判制度

高橋陽子
I はじめに
II 労働審判(調停・審判)雇用終了関係事件の解決水準
III 労働審判における弁護士の意義と役割
IV 考察

第6章 労働審判制度に対する当事者による評価の全体構造

今在慶一朗
I 分析の視点
II 分析結果
III 分析結果からの示唆
IV モデルの修正とまとめ

第7章 民事訴訟利用者調査との比較

菅原郁夫
I はじめに—本稿の目的
II 民事訴訟利用者調査について
III 民事訴訟と労働審判の比較
IV 労働審判から民事訴訟への示唆

第8章 労働審判紛争の社会的構造
   −−問題定義の記述形式を通じて

樫村志郎
I 本稿の課題
II 方法—記述データとしてのインタビュー記録
III 労働審判紛争における初期の問題定義の形式的構造
IV 結論

第III部  労働審判制度のこれからを考える(提言編)


第9章 労働審判制度の意義と課題
   −−労働法学の視点から

水町勇一郎
I はじめに—本稿で何を明らかにするのか?
II 労働審判の申立ての経緯・背景にはどのような特徴があるか?
III 労働審判制度のねらいは実現されているか?
IV 労働審判における解決水準は高いか低いか?
V 労働審判の結果について利用者はどう評価しているか?
VI 労働審判制度において弁護士はどのような役割を担っているか?
VII むすび—本稿で明らかになったことは何か?

第10章 労働審判制度の実務と可能性
   −−裁判官の立場から

渡辺 弘
I はじめに
II 労働審判制度の高評価の要因
III この利用者調査からみた労働審判手続に相応しい事件
IV 代理人である弁護士の果たす役割
V 裁判官(労働審判官)の果たす役割
VI 労働事件以外の民事事件への労働審判的審理方式の応用

第11章 労働審判制度の実務と課題
   −−労働者側弁護士の立場から

宮里邦雄
I 労働審判制度の周知
II 申立事件の選択と労働審判の窓口
III 調停と事件の審理・権利関係の判断
IV 解雇紛争の解決のあり方
V 弁護士依頼と弁護士費用
VI 許可代理の活用
VII 関係者の同席
VIII 取扱い裁判所の拡大
IX 労働審判員の養成と教育
X 労働審判員のアンケート調査を

第12章 労働審判制度の実務と課題
   −−使用者側弁護士の立場から

中山慈夫
I 労働審判制度の特徴および実際の審判手続の評価について
II 労働審判の結果の評価について
III 労働審判の申立てまでの使用者側の事情
IV 労働審判の解決金水準(雇用終了関係事件)
V 弁護士の役割について
VI 利用者調査と今後の労働審判制度について

第13章 労働審判制度と日本の労使関係システム
   −−労使関係論の視点から

仁田道夫
 はじめに
I 日本の個別労働紛争解決システム
II 労使評価差からみえてくるもの
III 労働審判認知プロセスと「未組織経営者」問題
 結び

第14章 労働審判制度から民事訴訟制度一般へ
   −−民事訴訟法の視点から

山本和彦
I 民事訴訟法からみた労働審判制度の意義と特徴
II 労働審判制度利用者調査の結果に対するコメント
   —民事訴訟利用者調査の結果との対比を中心に
III 労働審判および民事訴訟の今後への示唆

<巻末資料>調査項目表(略語表)

さくいん(事項索引)

ページの上へ戻る

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。