所員の著書

玄田有史『危機と雇用—災害の労働経済学』
(岩波書店, 2015年2月)

2015.3.18更新

第1章 震災前夜

  • 有効求人倍率とリーマン・ショック
  • 就業者数の変化
  • 完全失業率
  • 複雑化する雇用問題
  • リーマン・ショックと雇用対策
  • 「基金」の活用
  • 基金訓練
  • 求職者支援制度
  • そして二〇一一年三月一一日へ

第2章 震災と仕事

  • ミスマッチの発生
  • 複雑化する被災の現実
  • データによる実態把握
  • 就業構造基本調査
  • 震災時の居住市町村
  • 震災時の就業状況
  • 五七〇万人への影響
  • 仕事への影響の中身
  • 地域別の影響
  • 製造業への被害
  • 漁業と建設業の明暗
  • 「ものづくり」の底力
  • 自営業主・会社役員などへの影響
  • 雇用者につ いての多様な対応
  • 人的資本理論
  • 震災と雇用の安定
  • 学歴の影響と若者のニート化
  • 不安定層の深刻さ
  • 避難指示区域の困難
  • 賠償金の影響?
  • 避難継続者の存在
  • 原因は「住み慣れぬ土地」
  • 社会的共通資本という考え
  • データが語るもの

第3章 震災と雇用対策

  • 復興構想会議へ
  • 「日本はひとつ」しごとプロジェクト
  • 提言に向けて
  • 危険だった雇用財源
  • 『復興への提言』のなかの雇用対策失業給付延長による対応
  • 第二のセーフティネット
  • 被災と職業訓練
  • 生活保護増加の抑止
  • 基金事業の活用
  • グループ支援か、個別支援か
  • 政策検証の必要性

第4章 震災と企業

  • V字回復とサプライチェーン問題
  • 復旧・復興に向かう被災企業
  • 雇用創出・雇用消失
  • 雇用創出のミクロ化
  • 企業調査の実施
  • 企業被害の状況
  • 企業の強み
  • 今後の事業の見通しへの影響
  • 経営者のリーダーシップがもたらすもの
  • 被災経験と雇用の変化
  • 雇用創出とリーダーシップ
  • 危機における リーダーシップ
  • 自営業主の奮闘
  • 減りゆく自営業
  • 平時におけるチームワーク
  • 技術力と営業力
  • 時代は変わっても
  • 規模と産業
  • 政策評価とセレクション・バイアス
  • 政策への期待

第5章 震災と希望

  • 震災がもたらした変化
  • 若者の意識変化
  • 希望を失う若者たち
  • 希望の衰退
  • 被災による影響
  • 困難のなかにある人々
  • 震災前後の変化
  • 希望の中身
  • 仕事から家族へ
  • さらばワーカホリック
  • 仕事への考え方の変化
  • 仕事に対する思い
  • 被災経験と仕事観
  • 生活についての考え方の変化
  • 希望を持ちやすい人
  • 希望と年齢の関係
  • 友だちが少ない
  • 孤独と希望

終章 危機に備えて

  • 危機の前の幸運
  • 柔軟さから学ぶ
  • 歴史を過去にしない
  • 不安定な人々への視線
  • リーダーは育てられるか
  • 命あってこそ
  • 日頃からの信頼の構築
  • 記録と記憶を繋ぐ

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。