東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

研究

『社会科学研究』第71巻第1号

ロールズとソロー,ホイットマン
――アメリカ民主主義の伝統との連続性――
Rawls, Whitman, and Thoreau: Continuity between Rawlsian Political Philosophy and the Tradition of American Democracy
宇野 重規/ UNO Shigeki

Keywords: ロールズ,ソロー,ホイットマン,超越主義,民主主義

抄録

 本稿は,ロールズの政治哲学と,ソローやホイットマンに代表されるアメリカの超越主 義の伝統との関係を検討するものである.ロールズが自らの正義論を展開するにあたって,アメリカの伝統的思想に言及することは少ない.しかしながら,市民的不服従を強調 したソローをはじめ,ロールズとアメリカの伝統的思想との間には予想以上に連続性があるのではないか.超越主義は,人間を本来,善なるものとして捉え,原罪を否定する.これを受けてソローは,人間の自己とその良心を重視し,これを抑圧するものへの市民的不 服従を主張した.市民的不服従は,それを通じて社会の多数派の良心に訴えかけるもので あり,ロールズの正義感覚の議論との間に共通性がある.さらにホイットマンは,宗教と 切り離された世俗の道徳法則として,正義と民主主義を論じようとした.このような点に おいて,アメリカの伝統的思想は,ロールズの政治哲学にも影響を及ぼしていると考えられる.

abstract

This article examines the relationship between Rawls's political philosophy and the American transcendental tradition, including Thoreau and Whitman. In developing his theory of justice, Rawls rarely mentions traditional American ideas. However, there may be more continuity between Rawls and traditional American ideas, for example, Thoreau's emphasis on civil disobedience. Transcendentalism treats humans as good in nature and denies original sin. Under its influence, Thoreau emphasized the human self and his conscience and asserted civil disobedience to those who oppressed it. Civil disobedience, through which it appeals to the conscience of the majority of society, has something in common with Rawls's argument of justice. Whitman also sought to discuss justice and democracy as secular moral laws separate from religion. In this respect, traditional American thought is thought to have influenced Rawls' political philosophy.


社會科學研究 第71巻 第1号(2020-06-11発行)

(更新日: 2020年 8月 6日)