東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

研究

『社会科学研究』第71巻第1号

西中欧の政治を考える
Rethinking Politics in Western Central Europe
平島 健司/HIRASHIMA Kenji

Keywords: 交渉デモクラシー,多極共存型デモクラシー,ウェストファリア条約,宗教戦争,宗派化 Negotiation democracy, consociational democracy, Westphalian treaties, eligious wars, confessionalization

抄録

 ドイツの政治学者ゲルハルト・レームブルッフは,アングロ・サクソン型とは異なる別のデモクラシーの類型として「(団体主義的)交渉デモクラシー」を90年代に唱え,学界から注目を集めた.この「交渉デモクラシー」論は,第2次世界大戦後のオーストリアの「プロポルツ」デモクラシーやスイスの「コンコルダンツ」デモクラシーについて彼自身が 60 年代において行った分析をさらに展開させたものである.レームブルッフは,現代「西中欧」諸国の「交渉デモクラシー」の歴史的起源が,三十年戦争後に結ばれた17世紀のウェストファリア条約の平和令にあると改めて強調する.本論文は,この平和令が確かに宗派間対立を同時代の英仏とは異なる仕方で解決した方法であったことを確認した上で,「西中欧」諸国が「交渉デモクラシー」の実現に向けてたどった多様な政治的近代化の歩みを相互に比較し,歴史的に再検討することの重要性を訴える.

abstract

Gerhard Lehmbruch, one of the most renowned German political scientists, presented the korporative Verhandlungsdemokratie (corporate democracy of negotiation) as a distinctive type of democracy diff erent from that of the Anglo-Saxon majoritarian, in the 1990s, thereby commanding wide attention from the academic community. In fact, the conception dates back to his own earlier theorization of the Austrian Proporzdemokratie and the Swiss Konkordanzdemokratie in the 1960s. Lehmbruch emphasizes that the negotiation democracy common to the west-central European countries (Switzerland, Austria, Belgium, the Netherlands, and Germany), originated from the confl ict resolution experiences through the seventeenth century Westphalian treaties. This paper attempts to reappraise the Westphalian religious settlements in contrast to those of England and France, and postulates the unique developmental trajectories in the Western Central European countries towards the negotiation democracy.


社會科學研究 第71巻 第1号(2020-06-11発行)

(更新日: 2020年 8月 6日)