東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

研究

『社会科学研究』第71巻第2号

訴訟上の和解の規定要因についての探索的検討
――代理人の役割に注目した訴訟記録調査の分析――
Exploratory Analysis on Contributing Factors to In-Court Settlement -Findings from Analysis on Civil Case Records Focusing on the Role of Attorneys-
佐伯 昌彦/SAEKI Masahiko

Keywords: 民事訴訟記録調査,訴訟利用行動,訴訟上の和解,代理人,クロス集計表

抄録

 本稿では,第一審の終局形態,とりわけそれが判決に至るのか,それとも訴訟上の和解により終わるのかという点に注目し,どのような要因がそのような終局形態の違いと関連しているのかを,訴訟記録調査から得られたデータに基づき探索的検討を加える.とりわけ,先行研究の知見を踏まえ,和解の成立過程に対して代理人が及ぼす影響について検討を加えた.本稿ではまず先行研究の知見を整理し,それらの調査研究と今回の訴訟記録調査のメリットとデメリットを比較した.そのうえで,第一審の終局形態を従属変数とし,事件類型,代理人の有無,および当事者の属性を独立変数ないし統制変数としてクロス集計表に基づく検討を加えた.分析の結果,代理人の有無については,それが和解の成立を促しているとすると,原告側ではなく被告側における事情として重要である可能性を指摘した.最後に,この知見が有する含意や,本分析の限界についても論じた.

abstract

In this paper, the date from actual civil case records are examined to test what factors are contributing to in-court settlements empirically. Primarily, it is critically examined whether attorneys are really taking important roles for litigants to reach the in-court settlements. This paper examines the data based on cross-tabulations, where the result of civil litigations in the first instance is set as the dependent variable. For these analyses, existence or non-existence of attorneys, being a natural person or artificial person, and case characteristics are set as the independent variables or controlling variables. According to these analyses, the importance of attorneys in reaching in-court settlements could be limited in certain situations. The implications and limitations of the findings are discussed.


社會科學研究 第71巻 第2号(2020-06-11発行)

(更新日: 2020年 8月 6日)