東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

研究

『社会科学研究』第71巻第2号

民事裁判における自然人と法人――終局形態の一分析――
Do Juridical Persons Have Advantages over Natural Persons in Japanese Civil Litigation?
飯田 高/IIDA Takashi

Keywords: 民訴訟記録調査,民事訴訟,自然人,法人,終局事由

抄録

 現代社会において法人は重要な存在であり,それは民事訴訟でも同じである.本稿は,法人の訴訟行動を解明するための基礎的な資料を提供することを目指し,下記の作業を行う.まず,原告・被告が自然人と法人のどちらであるかに着目して民事訴訟を分類し,訴訟記録調査のデータに基づいてそれぞれのタイプの特徴(各タイプを構成する事件類型,各タイプにおける認容率,和解率,取下率)を記述する.次に,2004年調査と 2014 年調 査の結果を比較し,10年の間にどのような変化があったのかを明らかにする.さらにロジスティック回帰分析を用いて統合的な分析を行い,自然人と法人の別が終局形態とどのように関連しているかをより仔細に検討する.最後に,本研究の今後の展開について簡単に述べる.

abstract

Juridical Persons (corporations) are important in modern society and in civil litigation. The purpose of this paper is to provide fundamental data to clarify the litigation behavior of juridical persons. First, we classify civil litigations by focusing on whether the litigants (plaintiff and defendant) are natural or juridical. Based on the data of our civil case file research, we describe the characteristics of each type-- the kinds of claims, acceptance rate, settlement rate, and withdrawal rate. Second, we compare the results of researches in 2004 and 2014; and clarify what changes occurred in the decade. Third, we conduct an integrated analysis using logistic regression analysis to examine in more details how acceptance rate, settlement rate, and withdrawal rate differ depending on whether the plaintiffs/ defendants are natural persons or juridical persons. Finally, the future development of our project is briefly discussed.


社會科學研究 第71巻 第2号(2020-06-11発行)

(更新日: 2020年 8月 6日)