東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

研究

『社会科学研究』第72巻第2号

法の構造と計量分析
The Structure of Law and Quantitative Analysis
飯田 高/IIDA Takashi

Keywords: 法、デジタルデータ、判決の予測、一貫性、ネットワーク

抄録

 本稿は、法の構造、すなわち法律や判例の通時的整合性や法が形成するネットワークに関する計量分析をレビューし、今後の展開について考察することを目的としている。まず、そのような計量分析が可能になった背景と、これらの研究でよく使われる手法を簡単に説明する。次に、法の通時的構造を対象とする研究と、共時的構造を対象とする研究のそれぞれを概観する。前者の通時的構造の研究として本稿で扱うのは、裁判の結果の予測を目的とする研究と、その手法を応用して法の一貫性を定量的に検証しようとする研究である。後者の共時的構造の研究としては、ネットワーク分析によって法の構造を解き明かそうとする研究を取り上げる。最後に、これらの研究を概括し、示唆と課題について簡単に述べる。

abstract

The purpose of this paper is to review the quantitative analysis of the structure of law, i.e., the diachronic coherence of laws or precedents and the network of laws, and to discuss future developments. First, we briefly explain the background that has made such quantitative analysis possible and the methods often used in these studies. Next, we give an overview of studies on the diachronic structure of law and studies on the synchronic structure of law, respectively. As the former, the study of diachronic structure, we focus on research aimed at predicting the outcomes of court cases, and research that attempts to quantitatively verify the consistency of law by applying this method. As for the latter, the study of synchronic structure, we focus on research that attempts to unravel the structure of law by network analysis. Finally, we summarize these studies and briefly discuss their implications and challenges.


社會科學研究 第72巻 第2号(2021-03-31発行)

(更新日: 2021年 5月 10日)