東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

研究

『社会科学研究』第72巻第2号

パネルデータ分析における固定効果モデルの取扱説明書
How to Use Fixed Effects Models with Panel Data
大久保 将貴/OKUBO Shoki

Keywords: パネルデータ,固定効果モデル,因果推論,識別仮定,DAG

抄録

 パネルデータ分析において,時間不変の観察個体特有の性質を調整する固定効果モデルは,多くの社会学研究で用いられている.しかしながら,固定効果モデルの制約については広く共有されているとは言い難い.例えば,多くの社会学者が因果効果推定のために固定効- 2/2 -果モデルを採用しているにも関わらず,因果効果の識別仮定はほとんど共有されていない.そのため,処置変数とアウトカムに関連のありそうな変数をとりあえずモデルに投入するといった分析モデルも散見される.また,固定効果モデルは個体内の変動に着目するため,パラメター推定値の解釈についても他の分析モデルとは異なる点が多い.この他にも,個体内変動のみに着目することで生じる統計的検定力の低下や,ターゲット母集団の変更の可能性など,注意を要する点は少なくない.本稿では,固定効果モデルの取り扱いを説明することで,適切な利用と解釈を共有することを目的とする.

abstract

The fixed-effects model, which adjusts for the unobserved time-invariant unit fixed-effects, has been used in many sociological studies. However, the limitations of fixed-effects models are not widely shared. For example, although many sociologists have adopted fixed effects models for causal inference, the causal identification assumptions of the fixed-effects model are rarely addressed. Besides, because fixed-effects models focus on within-unit variation, the interpretation of parameter estimates differs from other analytical models in many ways. Many other points require attention, such as the lower atistical power caused by focusing only on within-individual variation and the possibility of changing the target population. This paper aims to explain the appropriate use and interpretation of the fixed-effects models.fact.


社會科學研究 第72巻 第2号(2021-03-31発行)

(更新日: 2021年 5月 10日)