東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

研究

『社会科学研究』第73巻第1号

1949 年以降人民代表会議制度の運用実態に関する考察
A Study on the Actual Operation of the People’s Congress System since 1949
杜崎 群傑/MORISAKI Gunketsu

Keywords: 中国共産党,人民代表会議制度,統一戦線,党外の人材,国家建設

抄録

 本研究は1949年の中華人民共和国成立以降における,人民代表会議制度の制度化に関する取り組みについて,基礎的な考察を行うものである.1949年に政権を握り,国の運営を担うことになった中国共産党にとって,いかにして人民代表会議を通して党の意志を人民の意志とするのかということは喫緊の課題であった.また,国家を運営すること自体が初めての経験であった中国共産党にとって,国家建設や政権運営を担うにあたっては,党外の人材を有効に活用する必要があった.そこで本研究では,以上のような中国共産党中央の意志や目的に対して,1949年以降特に地方の中国共産党は首尾よく達成することができたのかについて明らかにしようとするものである.これはひいては,1949年直前から完成させようとした人民代表会議制度の運用実態と,情報伝達の成否を見ることにもつながる.

abstract

This study is a basic examination of the efforts to institutionalize the People's Congress system since the establishment of the People's Republic of China in 1949. For the CCP, which came to power in 1949 and took charge of running the country, how to make the will of the Party into the will of the people through the People's Congress was a pressing issue. In addition, for the CCP, which had never run a state before, it was necessary to make effective use of human resources from outside the party to build the state and run the government. Therefore, this study attempts to clarify whether the CCP, especially in the provinces, was able to successfully achieve the above intentions and objectives of the CCP Central Committee after 1949. This, in turn, will lead to a look at the actual operation of the People's Congress system and the success or failure of information transmission, which the CCP has been trying to perfect since just before 1949.


社會科學研究 第73巻 第1号(2022-03-08発行)

(更新日: 2022年 3月28日)