所員の著書

石川博康
『再交渉義務の理論』
(有斐閣, 2011.08)

2011.8.31更新

新刊著者訪問にて石川博康准教授にインタビューしています。

第1部  「再交渉義務」論の構造とその理論的基礎


序 章

第1節 問題設定
第2節 方法と構成

第1章 再交渉義務の概念

第1節 再交渉義務の活用領域
第2節 再交渉義務におけるプロセス関連的要素と結果関連的要素
第3節 再交渉義務の法的性質と義務構造論上の位置付け
—PflichtとObliegenheit—
第4節 本章のまとめ

第2章 ドイツにおける再交渉義務論の諸相

第1節 契約実務における再交渉義務—再交渉条項
第2節 現行法規範の記述としての再交渉義務論
第3節 立法提案としての再交渉義務論
第4節 本章のまとめ

第3章 ドイツにおける解釈論としての再交渉義務論の展開

第1節 ホルンによる解釈論としての再交渉義務論
第2節 ネレの再交渉義務論
第3節 アイデンミュラーによる補充的考察
第4節 本章のまとめ
—マルチネクによる批判的考察と再交渉義務論の課題

結 章 日本法の分析と解釈論の試み

第1節 再交渉義務をめぐる日本の法状況
第2節 解釈論の試み
第3節 第1部のまとめと残された課題

第2部  再交渉義務を中心とした事情変更法理の構造


序 章

第1節 問題の所在
第2節 方法と構成

第1章 事情変更法理の目的と再交渉義務
─中国および台湾における事情変更の原則の展開─

第1節 台湾における事情変更の原則
第2節 中国契約法の制定と事情変更の原則
第3節 再交渉義務論の視点と事情変更法理の再定位

第2章 フランスにおける不予見理論と再交渉義務

第1節 不予見理論をめぐる判例の動向
第2節 判例における再交渉義務論の展開
第3節 再交渉義務と不予見理論の関係
第4節 債務法改正に関する各草案における事情変更法理と再交渉義務
第5節 再交渉プロセスにおける公共的利益
第6節 本章のまとめ

第3章 イタリアにおける過大な負担の法理と再交渉義務

第1節 イタリアにおける「過大な負担」の法理
第2節 過大な負担の法理における契約改訂と再交渉義務
第3節 本章のまとめ

結 章  事情変更法理の効果論の構造化に向けて

第1節 事情変更法理の制度目的
第2節 事情変更法理の効果としての司法的契約改訂の理論的基礎
第3節 事情変更法理における司法的契約改訂のプロセス関連的機能
—「法の影の下での交渉」とリソース拡大型の交渉理論の原理的関係
第4節 事情変更法理の効果としての再交渉義務
第5節 まとめ

引用文献一覧/事項・人名索引/条文・判例等索引

ページの上へ戻る

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。