東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

研究

 

研究会・セミナー案内 (今後の開催予定)

※研究会・セミナーの開催場所の詳細は、このページ下部の「主要開催場所」、あるいは各リンク先をご参照ください。

2019年

日時 6月11日(火)15:00~16:40
※社研セミナーは原則として事前申込み不要、参加費は無料です。
場所 センター会議室(赤門総合研究棟5F
タイトル 「地域安全システム学」の射程と文理融合
担当講師 加藤孝明(社会科学研究所)
報告要旨

 生産研では専門分野名を「地域安全システム学」と称してきた.都市計画,まちづくり技術を基盤としつつ,自然災害リスクに対してより安全な都市・地域のあり方を総合的に考え,実践する分野である.古典的には「都市防災」と称される分野であったが,時代の変化に対応し,根本から再構築し,新しい地平を拓くことを意図している.本セミナーでは,これまでの研究範囲を概観することを通して,社研において文理融合の新たな研究活動のきっかけを創りたい.

問合せ先 社会科学研究所 研究戦略室

日時 7月9日(火)15:00~16:40
※社研セミナーは原則として事前申込み不要、参加費は無料です。
場所 センター会議室(赤門総合研究棟5F
タイトル ‟Narratives of Japanese Politics" Book Manuscript: Lessons for the University of Tokyo International Publishing Initiative
担当講師 BABB, James(社会科学研究所)
報告要旨

 Narratives play a key role in both academic and popular discourse, particularly in politics, and there is great value in comparing the two. This research arose from a long delay in publishing the manuscript as it became clear that the changing nature and sites of political narratives in Japan was more interesting than the narratives themselves. The research encompasses not only academic theories and trends, but also journalism, political novels and the internet as well as the narratives that Japanese politicians themselves attempt to promote.
 This talk is linked to the University of Tokyo International Publishing Initiative (UT-IPI) because it raises many important issues for would-be authors of books written in English for the English reading academic audience and, of course, English language academic publishers. In this end, we are forced to consider how we produce, engage with and use knowledge of politics by focusing on narratives of Japanese political over the past 30 years.

問合せ先 社会科学研究所 研究戦略室

主要開催場所

設備名 社研内配置
第一会議室 社会科学研究所1F
ミーティングルームB 社会科学研究所1F
センター会議室 赤門総合研究棟5F
センター作業室 赤門総合研究棟5F