社研セミナー

Childcare Availability, Household Structure, and Maternal Employment
朝井 友紀子(社会科学研究所)

日時:2015年 4月14日 15時00分-16時40分
場所:センター会議室(赤門総合研究棟5F)
<セミナー資料について>: 本セミナーの資料は以下URLよりご確認いただけます。
http://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=2462366

報告要旨

   We estimate the causal effects of childcare availability on the maternal employment rate using prefecture panel data constructed from the Japanese quinquennial census 1990-2010. We depart from previous papers on Japan by controlling for prefecture fixed effects, without which the estimates can be severely biased upward. Contrary to popular belief, childcare availability is uncorrelated with maternal employment when prefecture fixed effects are controlled. Evidence suggests that this is because households shift from using informal childcare provided by grandparents to the accredited childcare service, as more and more households do not live with grandparents. If this change of the household structure did not occur, the growth of childcare availability would have increased the maternal employment rate by two percentage points, which accounts for about 30% of the growth in the maternal employment rate from 1990 to 2010.

日本語要旨

   本研究では、保育所の利用可能性を上げることで母親の労働供給率がどの程度上昇するのかを検証した。国勢調査の都道府県パネルデータを用いた検証の結果、保育所の利用可能性の拡大は母親の労働供給を引き上げる効果はないことがわかった。この背後には、世帯構成の変化がある。かつては、3世代同居をしていたであろう女性たちが、保育所の利用をするようになったために、保育所定員増加の母親就業に対する効果が相殺された。この期間に世帯構成の変化が起こらなかったと仮定すれば、母親就業率は 2%ポイント増加した可能性がある。

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。