東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

教育・社会連携

社研サマーセミナー 2010

2010年8月4日(水)~5日(木)(終了いたしました。)

東京大学本郷キャンパス 赤門総合研究棟5階センター会議室

 東京大学社会科学研究所(社研)では、2010年度の社研サマーセミナーを下記の要領で開催致します。東京大学のオープン・キャンパスに合わせて高校の先生方をお招きし、社研スタッフの研究成果をみなさまにお伝えしようと考え、セミナーを企画しました。今日、日本そして世界で生じている様々な変化を、社会科学の観点からとりあげ、みなさまにご報告できる良い機会であると考えております。相互交流ができるよう社研スタッフとの議論の時間も十分に取ってあります。希望される方はふるってご参加くださるようお願い申し上げます。

プログラム

1日目:
8月4日(水)
(司会:中村圭介教授)
12時00分
開場
12時50分
開会(末廣昭所長挨拶)
13時00分~15時00分
(1時間30分講義、30分質疑)
「生活のなかの日中関係」
丸川知雄教授

参考文献:
丸川知雄著 『「中国なし」で生活できるか』PHP研究所、2009年

15時30分~17時30分
(1時間30分講義、30分質疑)
「超低炭素社会に向けての次世代社会インフラ:スマートグリッド・スマートエネルギー・スマートコミュニティ」
松村敏弘教授

17時45分~20時00分
懇親会
2日目:
8月5日(木)
(司会:佐藤博樹教授)
10時00分~12時00分
(1時間30分講義、30分質疑)
「労働法をどのように変えるか?:働くことの意味と課題」
水町勇一郎教授

参考文献:
水町勇一郎著『労働法[第3版]』有斐閣, 2010年.
水町勇一郎・連合総研編『労働法改革-参加による公正・効率社会の実現』日本経済新聞出版社, 2010年.

閉会

受講証の発行(講義をすべて受講された場合に発行します。)

■対象: 高等学校教員など
■定員: 440名(先着順、定員に達し次第受付終了とします。)
■参加費: 無料(懇親会は3000円)
■申し込み方法: 申込み受付は終了しました

プログラムダウンロード

下記よりpdfファイル形式のプログラムをダウンロードできます。

pdfファイル版プログラム