研究スタッフ

松村敏弘 (MATSUMURA Toshihiro)

2017-06-22 更新

所属部門 比較現代経済部門 教授
専門分野 公共経済・産業組織・地域科学・法の経済分析・応用ミクロ経済学
e-mail matsumur@iss.u-tokyo.ac.jp
個人ページ http://web.iss.u-tokyo.ac.jp/~matsumur/

経歴

1998年10月-2007年3月 東京大学社会科学研究所助教授
2007年4月-2008年3月 東京大学社会科学研究所准教授
2008年4月 東京大学社会科学研究所教授

2016年度以降の業績

学術書

  1. 『現代経済学の潮流2016』(照山博司・細野薫・松島斉と共編著)東洋経済(2016年)

学術論文

  1. “Payoff interdependence and the multi-store paradox” (co-authored with Kosuke Hirose) Asia-Pacific Journal of Accounting & Economics,vol. 23(3), pp. 256-267, 2016.
  2. “Corporate social responsibility and endogenous competition structure” (co-authored with Akira Ogawa) Economics Bulletin,vol.36(4), pp. 2117-2127, 2016.
  3. “Environmental corporate social responsibility : A note on the ​first-mover advantage under price competition” (co-authored with Kosuke Hirose and Sang-ho Lee) Economics Bulletin,vol.37(1), pp. 214-221, 2017.

その他

  1. 「経済教室:電力全面自由化1年(上)発電部門の競争促進必須~外販と社内取引 同条件に」『日本経済新聞』(2017年3月17日)
  2. 「経済教室:観光立国への課題(下)~民泊、世界に誇れるルールに」『日本経済新聞』(2016年5月4日)
  3. 「東京ガスは大丈夫か?:衝撃的だった東京ガスの託送料金申請」 『EP report』(エネルギー政策研究会)(2017年2月)
  4. 「連系線利用見直しでの 不誠実な主張:電気のプロは責任感を持って発言を」『EP report』(エネルギー政策研究会)(2016年11月)
  5. 「今こそ電力競争基盤整備を: 発電市場の改革が不可欠」 『EP report』(エネルギー政策研究会)(2016年8月)
  6. 「積極的に競争すべき 電力の送配電部門: 域外のコンサルティングで切磋琢磨を」 『EP report』(エネルギー政策研究会)(2016年5月)
  7. 「都市ガス経過措置料金の解除は総合判断で:不透明な託送料金制度に留意を」『EP report』(エネルギー政策研究会)(2016年3月)
  8. 「容量メカニズムは電力の安定供給に不可欠か?:電力市場の効率化と消費者の負担軽減を目的に」『エネルギーフォーラム』(エネルギー政策研究会)(2016年12月)

2015年度までの主要業績

  1. “Revelation of Private Information about Unpaid Notes in the Trade Credit Bill System in Japan” (co-authored with Marc Ryser), Journal of Legal Studies, 24(1): pp.165-187, January 1995.
  2. “Endogenous Timing in Multi-stage Duopoly Games”, Japanese Economic Review, 46(3): pp.257-265, 1995.
  3. “Endogenous Timing in Cournot Duopoly Games”, Proceedings of APORS'94: pp.235-242, 1995.
  4. “Endogenous Timing in the Switching of Technology with Marshallian Externalities” (co-authored with Masako Ueda), Journal of Economics (Zeitschrift für Nationalökonomie), 63: pp.41-56, 1996.
  5. “A Two-stage Cournot Duopoly with Inventory Costs”, Japanese Economic Review, 48(1): pp.81-89, 1997.
  6. “How Many Firms Become Leaders?”, Australian Economic Papers, 36: pp.1-13, 1997.
  7. “A Two-stage Price-setting Duopoly: Bertrand or Stackelberg”, Australian Economic Papers, 37: pp.103-118, 1998.
  8. “Partial Privatization in Mixed Duopoly”, Journal of Public Economics, 70: pp.473-483, 1998.
  9. “Quantity-Setting Oligopoly with Endogenous Sequencing”, International Journal of Industrial Organization, 17: pp.289-296, 1999.
  10. “Cournot Duopoly with Multi-period Competition: Inventory as a Coordination Device”, Australian Economic Papers, 38: pp.189-202, 1999.
  11. “Entry Regulation and Social Welfare with an Integer Problem”, Journal of Economics (Zeitschrift für Nationalökonomie), 71: pp.47-58, 2000.
  12. “Market Instability in a Stackelberg Duopoly”, Journal of Economics (Zeitschrift für Nationalökonomie), 75: pp.199-210, 2002.
  13. “Mixed Duopoly with Product Differentiation: Sequential Choice of Location” (co-authored with Noriaki Matsushima), Australian Economic Papers, 42: pp.18-34, 2003.
  14. “Mixed Oligopoly and Spatial Agglomeration”, (co-authored with Noriaki Matsushima) Canadian Journal of Economics vol. 36, 2003, pp.62-87.
  15. “Strategic R&D Investments with Uncertainty”, Economics Bulletin, 12(1): pp.1-7, 2003.
  16. “Stackelberg Mixed Duopoly with a Foreign Competitor”, Bulletin of Economic Research, 55(3): pp.275-288, 2003.
  17. “Equilibria for Circular Spatial Cournot Markets” (co-authored with Daisuke Shimizu), Economics Bulletin, 18(1): pp.1-9, 2003.
  18. “Endogenous Role in Mixed Markets: A Two Production Period Model”, Southern Economic Journal, 70(2): pp.403-413, 2003.
  19. “Consumer-benefiting Exclusive Territories”, Canadian Journal of Economics, 36(4): pp.1007-1025, 2003.
  20. “Strategic Complementarity in Direct Investments”, Review of Development Economics, 8(4): pp.583-596, 2004.
  21. “Endogenous Cost Differentials between Public and Private Enterprises: A Mixed Duopoly Approach”, (co-authored with Noriaki Matsushima) Economica, 71(4): pp.671-688, 2004.
  22. “Mixed Oligopoly at Free Entry Markets”, (co-authored with Osamu Kanda) Journal of Economics (Zeitschrift für Nationalökonomie), 84(1): pp.27-48, 2005.
  23. “Economic Welfare in Delivered Pricing Duopoly: Bertrand and Cournot” (co-authored with Daisuke Shimizu), Economics Letters, 89(1): pp. 112-119, 2005.
  24. “Cartel Stability in a Delivered Pricing Oligopoly” (co-authored with Noriaki Matsushima), Journal of Economics, 86(3): pp. 259-292, 2005.
  25. “Partial Agglomeration or Dispersion in Spatial Cournot Competition.” (co-authored with Takao Ohkawa and Daisuke Shimizu), Southern Economic Journal, 72(1): pp. 224-235, 2005.
  26. “Competition-Accelerating Public Investments”, Australian Economic Papers, 44(3): pp. 269-274, 2005.
  27. “Spatial Cournot Competition and Economic Welfare: A Note.”(co-authored with Daisuke Shimizu), Regional Science and Urban Economics, 35(6): pp. 658-670, 2005.
  28. “Economic Welfare in Delivered Pricing Duopoly: Bertrand and Cournot” (co-authored with Makoto Okamura), Economics Letters, 90: pp. 396-401, 2006.
  29. “R&D Competition between Public and Private Sectors” (co-authored with Ikuo Ishibashi), European Economic Review, 50: pp.1347-1366, 2006.
  30. “Mixed Oligopoly, Foreign Firms, and Location Choice” (co-authored with Noriaki Matsushima), Regional Science and Urban Economics, 36: pp.753-772, 2006.
  31. “A Note on the Excess Entry Theorem in Spatial Markets” (co-authored with Makoto Okamura), International Journal of Industrial Organization, 24(5): pp.1071-1076, 2006.
  32. “Realized Cost Based Subsidies for Strategic R&D Investments with Ex Ante and Ex Post Asymmetries” (co-authored with Minoru Kitahara), Japanese Economic Review, 57(3): pp.438-448, 2006.
  33. “Tax Effects in a Model of Product Differentiation: A Note” (co-authored with Minoru Kitahara), Journal of Economics, 89(1): pp.75-82, 2006.
  34. “Cournot and Bertrand in Shipping Models with Circular Markets” (co-authored with Daisuke Shimizu), Papers in Regional Science, 85(4): pp.585-598, 2006.
  35. “Congestion-Reducing Investments and Economic Welfare in a Hotelling Model” (co-authored with Noriaki Matsushima), Economics Letters, 96: pp.161-167, 2007.
  36. “A Noncooperative Shipping Cournot Duopoly with Linear-Quadratic Transport Costs and Circular Space.” (co-authored with Daisuke Shimizu) Japanese Economic Review, 59(4), pp.498-518, 2008.
  37. “Simultaneous Price Changes, Information Acquisition on Common Competitors, and Welfare.” (co-authored with Minoru Kitahara). Australian Economic Papers, 47(4), pp.389-395, 2008.
  38. “Cost Differentials and Mixed Strategy Equilibria in a Hotelling Model.” (co-authored with Noriaki Matsushima) Annals of Regional Science, 43(1), pp.215-234, 2009.
  39. “Equilibrium Location and Economic Welfare in Delivered Pricing Oligopoly” (co-authored with Daisuke Shimizu), Economics Bulletin, 29(2): pp.761-769, 2009.
  40. “Payoff Dominance and Risk Dominance in the Observable Delay Game: A Note” (co-authored with Akira Ogawa), Journal of Economics, 97(3): pp.265-272, 2009.
  41. “Mixed Oligopoly and Spatial Agglomeration in Quasi-Linear City” (co-authored with Takeshi Abina and Daisuke Shimizu), Economics Bulletin, 29(4): pp.2722-2729, 2009.
  42. “Privatization and Entries of Foreign Enterprises in a Differentiated Industry” (co-authored with Noriaki Matsushima and Ikuo Ishibashi), Journal of Economics, 98(3): pp.203-291, 2009.
  43. “Privatization Waves.” (co-authored with Daisuke Shimizu) Manchester School, 78(6): pp.609-625, 2010.
  44. “On the Robustness of Private Leadership in Mixed Duopoly.” (co-authored with Akira Ogawa) Australian Economic Papers, 49(2): pp.149-160, 2010.
  45. “On the Uniqueness of Bertrand Equilibrium.” (co-authored with Daisuke Hirata) Operations Research Letters, 38(6): pp.533-535, 2010.
  46. “Location Equilibrium with Asymmetric Firms: the Role of Licensing.” (co-authored with Noriaki Matsushima and Giorgos Stamatopoulos) Journal of Economics, 99(3): pp.267-277, 2010.
  47. “What Role Should Public Enterprises Play in Free-Entry Markets?” (co-authored with Hiroaki Ino) Journal of Economics, 101(3): pp.213-230, 2010.
  48. “Profit-Enhancing Parallel Imports.” (co-authored with Noriaki Matsushima) Open Economic Review, 21(3), pp.433-447, 2010.
  49. “When Small Firms Fight Back against Large Firms in R&D Activities.” (co-authored with Noriaki Matsushima) B.E. Journal of Economic Analysis & Policy, 10(1)(Topics), Article 81, 2010.
  50. “Randomized Strategy Equilibrium in the Action Commitment Game with Costs of Leading.”(co-authored with Takeshi Murooka and Akira Ogawa), Operations Research Letters, 39(2): pp.115-117, 2011.
  51. “Collusion, Agglomeration, and Heterogeneity of Firms” (co-authored with Noriaki Matsushima), Games and Economic Behavior, 72(1): pp.306-313, 2011.
  52. “Spatial Cournot Equilibria in a Quasi-Linear City” (co-authored with Takeshi Ebina and Daisuke Shimizu), Papers in Regional Science, 90(3): pp.613-628, 2011.
  53. “Market Competition, R&D and Firm Profits in Asymmetric Oligopoly” (co-authored with Junichiro Ishida and Noriaki Matsushima), Journal of Industrial Economics, 59(3): pp.484-505, 2011.
  54. “Price Leadership in a Homogeneous Product Market” (co-authored with Daisuke Hirata), Journal of Economics, 104(3): pp.199-217, 2011.
  55. “Spatial Cournot Competition and Transportation Costs in a Circular City.” (co-authored with Noriaki Matsushima), Annals of Regional Science, 48(1): pp.33-44, 2012.
  56. “Welfare Consequences of an Asymmetric Regulation in Mixed Bertrand Duopoly.”, Economics Letters, 115(1): pp.94-96, 2012.
  57. “Welfare Properties of Strategic R&D Investments in Hotelling Models.” (co-authored with Noriaki Matsushima), Economics Letters, 115(3): pp.465-468, 2012.
  58. “Price versus Quantity in a Mixed Duopoly.” (co-authored with Akira Ogawa), Economics Letters, 116(2): pp.174-177, 2012.
  59. “Airport Privatization and International Competition.” (co-authored with Noriaki Matsushima), Japanese Economic Review, 63(4): pp.431-450, 2012.
  60. “How Many Firms Should Be Leaders? Beneficial Concentration Revisited.” (co-authored with Hiroaki Ino), International Economic Review, 53(4): pp.1323-1340, 2012.
  61. “Long-Run Effects of Foreign Penetration on Privatization Policies.” (co-authored with Susumu Cato), Journal of Institutional and Theoretical Economics, 168(3): pp.444-454, 2012.
  62. “Presence of Foreign Investors in Privatized Firms and Privatization Policy.” (co-authored with Ming Hsin Lin), Journal of Economics, 107(1): pp.71-80, 2012.
  63. “Locating Outside a Linear City Can Benefit Consumers.” (co-authored with Noriaki Matsushima), Journal of Regional Science, 52(3): pp.420-432, 2012.
  64. “Market Structure and Privatization Policy under International Competition.” (co-authored with Yoshihiro Tomaru), Japanese Economic Review, 63(2): pp.244-258, 2012.
  65. “Competitiveness and Stability of Collusive Behavior.” (co-authored with Noriaki Matsushima), Bulletin of Economic Research, 64(s1): pp.s22-s31, 2012.
  66. “Competitiveness and R&D Competition Revisited.” (co-authored with Susumu Cato and Noriaki Matsushima), Economic Modelling, 31(1): pp.541-547, 2013.
  67. “Privatization Neutrality Theorem Revisited.” (co-authored with Yasunori Okumura), Economics Letters, 118(2): pp.324-326, 2013.
  68. “Merger and Entry-License Tax” (co-authored with Susumu Cato) Economics Letters, 119(1): pp.11-13, 2013.
  69. “Advertising Competition in a Mixed Oligopoly” (co-authored with Takeaki Sunada) Economics Letters, 119(2): pp.183-185, 2013.
  70. “Mixed Duopoly, Privatization, and Subsidization with Excess Burden of Taxation” (co-authored with Yoshihiro Tomaru) Canadian Journal of Economics, 46(2): pp.526-554, 2013.
  71. “Long-Run Effects of Tax Policies in a Mixed Market” (co-authored with Susumu Cato) FinanzArchiv/Public Finance Analysis, 69: pp.215-240, 2013.
  72. “Mixed Duopoly, Product Differentiation, and Competition” (co-authored with Minoru Kitahara) Manchester School, 81(5): pp.730-744, 2013.
  73. “Comparison between Specific Taxation and Volume Quotas in a Free Entry Cournot Oligopoly” (co-authored with Yasunori Okumura) Journal of Economics, 113(2), pp.125-132, 2014.
  74. “Corporate Social Responsibility or Payoff Asymmetry?:A Study of Endogenous Timing Game” (co-authored with Akira Ogawa) Southern Economic Journal, 81(2), pp.457-473, 2014.
  75. “Price versus Quantity in a Mixed Duopoly with Foreign Penetration” (co-authored with Junich Haraguchi) Research in Economics, 68(4), pp. 338-353, 2014.
  76. “Endogenous Flexibility in Flexible Manufacturing System” (co-authored with Daisuke Shimizi) Bulletin of Economic Research, vol. 67(1), pp. 1-13, 2015.
  77. “Optimal Privatization and Trade Policies with Endogenous Market Structure” (co-authored with Susumu Cato) Economic Record, 91(294), pp. 309-323, 2015.
  78. “Competition and Privatization Policies Revisited: The Payoff Interdependence Approach” (co-authored with Makoto Okamura) Journal of Economics, 116(2), pp. 137-150, 2015.
  79. “Should Firms Employ Personalized Pricing?” (co-authored with Noriaki Matsushima) Journal of Economics and Management Strategy, 24(4). pp. 887-903, 2015.
  80. “Mixed Duopoly, Location Choice, and Shadow Cost of Public Funds” (co-authored with Yoshihiro Tomaru) Southern Economic Journal,82(2), pp. 416-429, 2015.
  81. “Welfare-Improving Effect of a Small Number of Followers in a Stackelberg Model” (co-authored with Hiroaki Ino) B.E. Journal of Theoretical Economics, 16(1), pp. 243-265, 2016.
  82. “Cournot-Bertrand Comparison in a Mixed Oligopoly” (co-authored with Junichi Haraguchi) Journal of Economics, 117(2), pp 117-136, 2016.
  83. 「2段階戦略ゲームにおける内生的な意思決定のタイミング」『国民経済』1583 (1994年3月号): 43-51頁, 1994年.
  84. 「地球温暖化と国際協調:合意形成の条件」(浅子和美・國則守生と共著) 宇沢弘文・國則守生(編) 『制度資本の経済学』東京大学出版会: 231-261頁, 1995年.
  85. 「投資のタイミングの内生化と産業化」浅子和美・大瀧雅之(編)『現代マクロ経済動学』東京大学出版会: 107-129頁, 1997年.
  86. 「経済効率性と消費者法制」『ジュリスト』1139: 32-38頁, 1998年.
  87. 「ディスクロージャー問題」三輪芳朗・神田秀樹・柳川範之(編)『会社法の経済学』東京大学出版会: 365-392頁, 1998年.(第42回日経・経済図書文化賞受賞)
  88. 「環境問題と国際協調:地球温暖化を中心として」(國則守生と共著)『経済研究』50: 32-43頁, 1999年.
  89. 「訴訟率と判決の予見可能性」 (松島法明と共著)『フィナンシャル・レビュー』 49: 91-111頁, 1999年.
  90. 「建設産業の企業行動」(西口敏宏・泉田成美と共著) 金本良嗣(編)『日本の建設産業』日本経済新聞社: 33-68頁, 1999年.
  91. 「混合寡占市場における参入規制と公企業の民営化」『フィナンシャル・レビュー』52: pp.14-27, 1999年.
  92. 「損害賠償に関する予見可能性」『社会科学研究』51(3): 109-120頁, 2000年.
  93. 「交通部門への公共投資と企業間競争」『社会科学研究』52(4): 97-104頁, 2001年.
  94. 「取引前の情報開示と法的ルール」『北大法学論集』52(6): 187-218頁, 2002年.
  95. 「企業結合に関する産業組織論からの評価」鶴田俊正・糸田省吾・日下部聡(編) 『産業再生と企業結合:課題・政策・ルール』NTT出版: 365-392頁, 2004年.
  96. 「不確実性下での戦略的研究開発投資」『社会科学研究』55(3): 17-26頁, 2004年.
  97. 「法と経済学からの法創造の評価基準」(太田勝造と共著)『人工知能学会誌』19(5): 555-562頁, 2004年.
  98. 「公共政策教育と法と経済学」『経済セミナー』598(2004年11月号): 16-21頁, 2004年.
  99. 「H統計量と市場の競争度」『社会科学研究』56(3·4): 43-52頁, 2005年3月.
  100. 「社会規範の法と経済:その理論的展望」(藤田友敬と共著)『ソフトロー研究』1(1): 59-104頁, 2005年3月.
  101. 「混合寡占市場の分析とゲーム理論」今井晴雄・岡田章編『ゲーム理論の応用』勁草書房: 53-80頁, 2005年.
  102. 「規制改革の成果とその課題」(小川昭と共著)東京大学社会科学研究所編『「失われた10年」を超えて1:経済危機の教訓』東京大学出版会: 105-144頁, 2005年.
  103. 「優越的地位の濫用の経済分析」『日本経済法学会年報』27: 90-102頁, 2006年.
  104. 「法と経済学の基本的な考え方とその手法」『日本国際経済法学会年報』15: 77-96頁, 2006年.
  105. 「費用の不確実性と製品特性の関係」(松島法明と共著)『國民經濟雜誌』 196(4): 19-31頁, 2007年.
  106. 「シッピングモデルにおける均衡立地と最適立地の関係について」(清水大昌と共著)『經濟學雜誌』108(3): 14-25頁, 2008年.
  107. 「規制緩和・民営化の経済分析」『法社会学』68: 120-129頁, 2008年.
  108. 「複数の潜在的参入企業によるクリームスキミング的行動が市場の競争性に及ぼす影響について」(石橋郁雄共著)『社会科学研究』 vol.60(3), 51-65頁, 2009年.
  109. 「電力自由化と電源構成」(猪野弘明共著)『社会科学研究』 60(3), 117-139頁, 2009年.
  110. 「経済学からみた希望学」 東京大学社会科学研究所・玄田有時史・宇野重規編『希望学[1]希望を語るー社会科学の新たな地平へー』, 東京大学出版会, 217-234頁, 2009年.
  111. 「ライセンス契約と製品差別化戦略」(松島法明と共著)『社会科学研究』61(2), 67-78頁, 2010年.
  112. 「相対利潤アプローチが拓く新しい(?)産業組織」大垣昌夫・小川一夫・小西秀樹・田渕隆俊編『現代経済学の潮流2012』 東洋経済新報社: 65-92頁, 2012年.
  113. 「経済教室:法と経済学特集~事前問題体系的に分析」『日本経済新聞』2005年1月25日.
  114. 「経済教室:経済グローバル化と企業合併」『日本経済新聞』2008年7月16日.
  115. 「経済教室:太陽光発電、全量購入を」『日本経済新聞』2010年8月20日.
  116. 「経済教室:「発送電一貫」の欠陥 検証を~電力市場制度改革の視点」『日本経済新聞』2011年12月20日.
  117. 「太陽光発電「全量買い取り」制度の勧め」『EP report』(エネルギー政策研究会)2009年8月.
  118. 「環境税と排出量取引の2重課税?」『EP report』(エネルギー政策研究会)2009年11月/
  119. 「環境税と排出権取引の等価性」『EP report』(エネルギー政策研究会)2010年3月.
  120. 「グリーン証券は誰の利益になるのか?」『EP report』(エネルギー政策研究会)2010年6月.
  121. 「貴重なゼロエミッションの電気を捨てる?」『EP report』(エネルギー政策研究会)2010年9月.
  122. 「オール電化割引は公正で合理的な料金体系か?」『EP report』(エネルギー政策研究会)2010年11月.
  123. 「スイッチング費用とエネルギー間競争」『EP report』(エネルギー政策研究会)2011年3月.
  124. 「スマートメーターがあれば。。。」『EP report』(エネルギー政策研究会)2011年5月.
  125. 「都市ガスに任せられるか?」『EP report』(エネルギー政策研究会)2011年11月.
  126. 「原子力損害賠償共済制度の利点—政府負担のない事業者による積立制度」『EP report』(エネルギー政策研究会)2012年2月.
  127. 「発送電分離と送電部門の中立性」『EP report』(エネルギー政策研究会)2012年5月.
  128. 「原発比率:消えた第4の選択肢」『EP report』(エネルギー政策研究会)2012年9月.
  129. 「電気料金査定とリストラ・費用削減」『EP report』(エネルギー政策研究会)2012年12月.
  130. 「燃料費調整制度の問題点:電力会社は安価な調達という結果で答えを」『EP report』(エネルギー政策研究会)2013年3月.
  131. 「電力改革に欠かせないインバランス料金の見直し:現行制度が作る人為的な規模の経済性」 『EP report』(エネルギー政策研究会)(2014年3月)
  132. 「ガスシステム改革の必要性:競争的な電力市場のためにも不可欠」『EP report』 (エネルギー政策研究会)(2013年11月)
  133. 「厳しい料金査定が安定供給を脅かす?:効率的な送配電投資にシステム改革が不可欠」 『EP report』(エネルギー政策研究会)(2013年9月)
  134. 「電気は30 年後も存在するから特殊な産業?:「うちの産業は特殊」は既得権益を持つ者の常套句」『EP report』 (エネルギー政策研究会)(2013年6月)
  135. 「説得力のない保安が理由のガス法的分離反対論:保安を盾に既得権益を守る議論からの卒業を」 『EP report』(エネルギー政策研究会)(2015年3月)
  136. 「経済教室:再生エネ普及の条件(上)」『日本経済新聞』(2014年11月4日)
  137. 「再生可能電源拡大に吹いた3つの逆風:異常に高すぎた非住宅用の買取価格」 『EP report』(エネルギー政策研究会)(2014年11月)
  138. 「現行の電気事業報酬は適正か:見直すべき3割自己資本比率擬制ルール」 『EP report』(エネルギー政策研究会)(2014年9月)
  139. 「都市ガスの熱量調整は永遠に続けるべきか?:未熱調ガス広域流通をあきらめる大きな代償」 『EP report』(エネルギー政策研究会)(2014年6月)
  140. 「再エネ普及を妨げる回避可能費用の問題点:.プレミアムをつけることで解決を」 『EP report』(エネルギー政策研究会)(2015年6月)
  141. 「自由化で電源構成開示を義務化する費用とリスク:開示義務化に消極的な理由」 『EP report』(エネルギー政策研究会)(2015年9月)
  142. 「全面自由化後も残る一般電気事業者の優位性:イコールフッティングでないことの自覚を」 『EP report』(エネルギー政策研究会)(2015年11月)
  143. 「都市ガス経過措置料金の解除は総合判断で:電気よりも緩い解除条件は正当化できない」 『EP report』(エネルギー政策研究会)(2016年3月)

今後の研究テーマ

(1) 規制改革と混合寡占市場における公企業の行動原理と公企業の民営化に関する研究
Mixed Oligopoly and Privatization of Public Enterprises
公企業と私企業が競合する混合寡占市場における公企業の望ましい行動原理及び公企業の民営化の影響を規制改革との関係で分析する。競争法の厳格性、価格規制、参入規制、外資規制の有無により、公企業の望ましい行動原理がいかに変わるのか、民営化の影響はどう変わるのかを明らかにする。また、混合市場における製品差別化、研究開発、技術選択の問題なども分析する。またこの理論の枠組みと、企業の社会的責任モデルとの理論的な関係を明らかにしていく。
(2) 相対評価と市場構造に関する基礎的な研究
Relative Performance and Market Structure
企業が利潤ではなく他社との相対利潤を最大化すると仮定を変えるだけで、今までパズルとされてきた産業組織上の多くの問題を解決できる。またこのアプローチによって市場の競争環境と企業の戦略的な行動の関係を統一的に理解することができる。このアプローチを用いて寡占市場の市場構造と企業戦略を総合的に分析する。
(3) 企業の社会的責任に関する研究
Corporate Social Responsibility and Market Performance
企業が社会的責任を考慮して行動するとき、市場の構造がどう変わり、その結果社会厚生にどのような影響を与えるのかを分析する。
(4) 競争政策と規制改革に関する研究
Antitrust and Economic Regulations
官民の役割分担の見直し、規制改革などに伴う事前規制から事後規制への流れに即して役割を増した独占禁止法を経済学的に分析する。同時に、従来事前規制が中心であった電気通信・電力・都市ガスなどの規制産業の現状と、これらの市場における規制改革の効果を分析する。特に一定の規制領域を残しながら段階的に自由化を進める規制改革全体の体系についても分析を進める。更に競争法の観点からも事業法の観点からも重要な不可欠施設への投資と不可欠施設に対する接続規制と競争環境の関係について研究する。
(5) 法と経済学
Economic Analysis of Japanese Law
慣習を含めた日本の法・ルールに関して、産業組織の理論を用いながら分析する。
(6) 研究開発投資と特許制度
R&D Competition and Patent
寡占市場における企業の研究開発投資競争の経済厚生への影響と、パテント制度が競争環境に与える影響を分析する。また競争政策と研究開発投資の関係にも注目して研究を進める。
(7) 環境問題と産業組織に関する研究
Environment and Industrial Organization
自動車産業に代表される寡占的産業において、排気ガス規制や炭素税に代表される環境政策が市場構造に与える影響を分析し、望ましい環境政策を明らかにする。更に、電力・都市ガスなどのエネルギー市場を念頭に置いて、排出原単位に影響を与える投資行動を分析し、環境規制の影響を考察する。
(8) Timing Gameに関する基礎的な研究
Endogenous Timing in Oligopoly
Observable Delay GameとAction Commitment Game の一般的な性質を調べるとともに、これを上記の(1)-(7)の研究に応用する。
(9) 日本のエネルギー市場に関する研究
Economic Analysis of Japanese Energy Market
日本における電力及び都市ガス市場の研究を進める。

2017年度の教育活動

東京大学大学院 経済学研究科 「寡占理論」
東京大学 公共政策大学院 「ミクロ事例研究(政策分析入門)」
「ミクロ事例研究(ミクロ経済政策1:問題分析)」
「ミクロ事例研究(ミクロ経済政策2:解決策分析)」
「規制政策」
東京大学 経済学部 「規制の経済学」

東京大学 社会科学研究所

〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

東京大学社会科学研究所

Tel 03-5841-4904 Fax 03-5841-4905

Email webmaster@iss.u-tokyo.ac.jp

※ ご意見・ご感想をお寄せください。ただし教員等に関する連絡先の照会や取り次ぎの依頼には、応じることができません。