東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

研究

所員の著書

玄田有史(編)  『30代の働く地図 』
(岩波書店, 2018年10月)

2018.11.26更新

30代の働く地図
序 『30代の働く地図』について
本書の目的………玄田有史

第1章 真の働き方改革とは


カギを握る多様性………佐藤博樹

第2章 わたしは正社員?


会社との新たなつきあい方………中村天江

第3章 転職を選択する前に


知っておきたい現実………勇上和史

第4章 なぜ副業をするのか


自由と制約のあいだで………川上淳之

第5章 テイラーワーカーとは


働く柔軟性を問い直す………高橋陽子

第6章 賃金と報酬の世界


働く動機の現在と未来………佐野晋平

第7章 働く力を自分で高めるために


足りない何かを補う………横山 泉

第8章 健康に働き続けるには


法律は労働者を守る………桑村裕美子

第9章 変わりゆく夫婦の約束


家族の生活安定戦略………大嶋寧子

第10章 忙しい日々を乗り切る


相談相手という存在………田中聡一郎

第11章 良い職場をつくるのは誰?


労働組合の本当………村上陽子

結 章 働き方の道標


本書からのメッセージ………玄田有史

あとがき  玄田有史