東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

研究

刊行物等 一覧

所員の著書(2019年の新刊)

2020.01.21更新

著者 タイトル 出版社 発行年
佐々木彈(著) 算数からはじめて一生使える確率・統計 河出書房新社 2019.12
蔡昉(著) 丸川知雄(監訳・解説)伊藤亜聖・藤井大輔・三竝康平(訳) 現代中国経済入門 東京大学出版会 2019.12
中里実・渕圭吾・吉村政穂 (編著)藤谷武史他(著) 信託課税研究の道標 有斐閣 2019.12
東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター他(編) 総中流の始まり 団地と生活時間の戦後史 青弓社 2019.11
東京大学社会科学研究所・玄田有史・飯田高(編) 危機対応の社会科学 上下 東京大学出版会 2019.11
水町勇一郎・緒方桂子(編著) 事例演習労働法』
第3版 補訂版
有斐閣 2019.11
浅野有紀・原田大樹・藤谷武史・横溝大(編) 政策実現過程のグローバル化 弘文堂 2019.10
野川忍・水町勇一郎 (著) 実践・新しい雇用社会と法 有斐閣 2019.10
水町勇一郎 (著) 詳解 労働法 東京大学出版会 2019.09
水町勇一郎 (著) 同一労働同一賃金のすべて 新版 有斐閣 2019.09
山本勲 編著
井上 敦, 井上智洋, 小倉義明, 北尾早霧, 田中隆一, 笛木琢治, 前橋昴平, 馬奈木俊介, 森田玉雪, 元橋一之, 若田部昌澄 (著)
人口知能と経済 勁草書房 2019.08
Yuji Genda Solitary Non-Employed Persons: Empirical Research on Hikikomori in Japan Springer 2019.07
水町勇一郎 (著) 労働法入門 新版 岩波新書 2019.06
マーク・ブレイ&オーラ・クウォ(著)
森いづみ・早坂めぐみ・佐久間那友・田中光晴・高嶋真之・大和洋子(訳)
塾:私的補習ルールの国際比較 東信堂 2019.06
高口康太(編著)
伊藤亜聖・水彩画・山谷剛史・田中信彦(著)
中国S級B級論
発展途上と最先端が混在する国
さくら舎 2019.05
宇野重規 トクヴィル 講談社 2019.05
宇野重規 [増補新装版]
『政治哲学へ 現代フランスとの対話
東京大学出版会 2019.05
佐藤博樹・石田浩(編) 『格差の連鎖と若者2 出会いと結婚 勁草書房 2019.04
Masayuki Otaki Speculative Bubbles and Monetary Policy: A Theory Based on Japanese Experience Lexington Books 2019.01
廣井亮一・中川利彦・児島達美・水町勇一郎 心理職・援助職のための法と臨床 有斐閣 2019.02