東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

研究

所員の著書

山本勲(編・著)田中隆一他(著)
『人工知能と経済』
(勁草書房, 2019年8月)

2019.9.5更新

人工知能と経済
序章 本書の問題意識と概要 山本 勲


第1章 マクロ経済 ──成長・生産性・雇用・格差
北尾早霧・山本 勲

  • 技術進歩のマクロ的影響
  • 賃金格差の拡大とスキルプレミアムモデル
  • 雇用の二極化の進展とタスクモデル
  • 技術進歩・マクロ経済成長とタスクモデル
参考文献

第2章 労働 ──技術失業の可能性
山本 勲

  • AI技術失業の懸念
  • AI技術失業説の留意点
  • 日本の労働市場の特性とAIによる影響の大きさ
  • 超高齢社会におけるAIの利活用
参考文献

第3章 教育 ──資源と成果の変容
井上 敦・田中隆一

  • 教育分野における人工知能への期待と課題
  • 教育ICTの導入と利用の現状
  • 新技術が教育成果に与える影響に関する理論モデル
  • 人工知能導入による教育資源の効果の変化
  • 人工知能の普及とこれからの教育像
参考文献

第4章 金融 ──金融ビジネスとその変容
小倉義明

  • フィンテックの勃興
  • フィンテック(FinTech)の概要
  • 機械学習とフィンテック
  • フィンテックの経済厚生への影響:これまでの経済学的議論
  • クラウドレンディングの挑戦
  • フィンテックの功罪と今後
参考文献

第5章 交通 ──自動運転技術の社会的ジレンマ
森田玉雪・馬奈木俊介

  • 身近となる人工知能:自動運転
  • 自動運転の歴史
  • 先行研究
  • 消費者の道徳観の分析
  • 継続的な議論の必要性
参考文献

第6章 生産性 ──イノベーション戦略の重要性
元橋一之

  • 汎用的技術としてのIT
  • ビッグデータ・AI・IoTの補完的関係
  • 日本のモノづくり企業におけるビッグデータ活用の実態
  • ビッグデータ・AI・IoT時代のイノベーションモデル
  • AI/IoTの進展と日本のイノベーションシステム
参考文献

第7章 物価 ──経済変動メカニズムの変容
笛木琢治・前橋昂平

  • はじめに
  • 先行研究の紹介:2つの流れ
  • AIやロボット化が物価変動に及ぼす影響:実証的な考察
  • AIやロボット化が物価変動に及ぼす影響:理論的な考察
  • 結論
参考文献

第8章 再分配 ──ベーシックインカムの必要性
井上智洋

  • AI時代におけるベーシックインカム
  • ベーシックインカムと他の所得保障制度との関係
  • ベーシックインカムの歴史と現状
  • AIが雇用に及ぼす影響
  • ベーシックインカムは不可欠な制度となる
参考文献

第9章 歴史 ──「大自動化問題」論争の教訓
若田部昌澄

  • はじめに:「今回は違う」のか
  • 「大自動化問題」論争
  • おわりに:何を学ぶのか
参考文献



事項索引
執筆者一覧