東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

研究

所員の著書

水町勇一郎(著) 『労働法入門 新版』
(岩波新書, 2019年6月)

2019.9.27更新

労働法入門 新版
はしがき――新版執筆にあたって
はじめに――働くことと法


第1章 労働法はどのようにして生まれたか
――労働法の歴史

  • 労働法の背景――二つの革命と労働者の貧困
  • 労働法の誕生――「個人の自由」を修正する「集団」の発明
  • 労働法の発展――「黄金の循環」
  • 労働法の危機――社会の複雑化とグローバル化
  • 「働き方改革」

第2章 労働法はどのような枠組みからなっているか――労働法の法源

  • 「法」とは何か
  • 人は何を根拠に他人から強制されるのか
  • 労働法に固有の法源とは
  • 日本の労働法の体系と特徴

第3章 採用,人事,解雇は会社の自由なのか
――雇用関係の展開と法

  • 雇用関係の終了――解雇など
  • 雇用関係の成立――採用
  • 雇用関係の展開――人事

第4章 労働者の人権はどのようにして守られるのか――労働者の人権と法

  • 雇用差別の禁止
  • 労働憲章
  • 人格的利益・プライバシーの保護
  • 内部告発の保護
  • 労働者の人権保障の意味

第5章 賃金,労働時間,健康はどのようにして守られているのか――労働条件の内容と法

  • 労働時間
  • 休暇・休業
  • 労働者の安全・健康の確保
  • 労働者の健康を確保するための課題

第6章 労働組合はなぜ必要なのか
――労使関係をめぐる法

  • 労働組合はなぜ法的に保護されているのか
  • 労働組合の組織と基盤
  • 団体交渉と労働協約
  • 団体行動権の保障
  • 不当労働行為の禁止
  • 企業別労働組合をどう考えるか

第7章 労働力の取引はなぜ自由に委ねられないのか――労働市場をめぐる法

  • なぜ労働市場には規制が必要か
  • 雇用仲介事業の法規制
  • 雇用政策法
  • 日本の労働市場法をめぐる課題

第8章 「労働者」「使用者」とは誰か――労働関係の多様化・複雑化と法

  • 労働関係が多様化・複雑化するなかで
  • 「労働者」――労働法の適用範囲
  • 「使用者」――労働法上の責任追及の相手
  • 「労働者」という概念を再検討するために

第9章 労働法はどのようにして守られるのか
――労働紛争解決のための法

  • 裁判所に行く前の拠り所
  • 最後の拠り所としての裁判所
  • 紛争解決の第一歩

第10章 労働法はどこへいくのか――労働法の背景にある変化とこれからの改革に向けて

  • 日本の労働法の方向性
  • 「個人」か「国家」か――その中間にある「集団」の視点
  • これからの労働法の姿――「国家」と「個人」と「集団」の適切な組合せ
  • 労働法の未来の鍵


あとがき
事項索引