東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

研究

所員の著書

マーク・ブレイ&オーラ・クウォ(著)
森いづみ・早坂めぐみ・佐久間那友・田中光晴・高嶋真之・
大和洋子(訳)
『塾:私的補習ルールの国際比較』
(東信堂, 2019年6月)

2019.7.17更新

塾:私的補習ルールの国際比較
日本語版刊行に寄せて
はじめに
日本語版の出版にあたって
図表・コラム一覧
略語一覧
謝辞
本書の概要

第1章  イントロダクション

  • 政策分析と専門家としての対話
  • 研究の枠組み
  • 本書の構成

第2章 何の/誰のためのルール作りなのか?

  • 私的補習教育の規模と広がり
  • 教科と形態
  • 提供者と形態の多様性

第3章 なぜ、ルールが必要なのか?

  • 社会的不平等
  • 正規の学校教育への余波
  • 腐敗
  • 消費者と講師の保護
  • 課税

第4章 異なる関係者に対して、どのようなルール作りをするのか?

  • 補習教育を提供する企業
  • 私的補習を提供する教師
  • 私的補習を提供する学生およびその他の自営業者
  • インターネットによる私的補習

第5章 どのようにルール作りができるのか?

  • 必要な人材の配置
  • 情報にもとづく選択のための消費者教育
  • 自主規制を奨励すること
  • パートナーシップを築くこと

第6章 結論

  • 公共の利益に向けて
  • バランスを保つために
  • 国際比較から学べること

資料1: オーストラリア個別指導協会(ATA)行動規範
  (コード・オブ・コンダクト)
資料2: 学習塾業界における事業活動の適正化に関する自主基準
参考文献
日本の学習塾の今日的状況と検討課題:訳者解説に代えて
終わりに
索引
著者・訳者紹介