東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

研究

所員の著書

水町勇一郎『「同一労働同一賃金」のすべて』
(有斐閣, 2018年2月)

2018.3.6更新

「同一労働同一賃金」のすべて

はじめに
「同一労働同一賃金」の衝撃


第1章 法改正の経緯──
「一億総活躍」「働き方改革」と「同一労働同一賃金」

  • 伏線──2015年労働者派遣法改正と「同一労働同一賃金推進法」の制定
  • 一億総活躍国民会議
  • 「同一労働同一賃金の実現に向けた検討会」と「働き方改革実現会議」
  • 法案の作成
  • 2017年秋の臨時国会から2018年通常国会へ

第2章 法改正の前史──
「正規・非正規格差」とこれまでの法的対応

  • 臨時工問題からパートタイム労働問題ヘ
  • 1993年パートタイム労働法の制定ヘ
  • 1993年パートタイム労働法の課題と2007年改正
  • 2012年労働契約法改正と2014年パートタイム労働法改正
  • 法改正前の学説と裁判例の状況

第3章 法改正案の内容──
改革の趣旨と改正法案・条文案解説

  • 本改革の趣旨
  • パートタイム・有期雇用労働法
  • 労働者派遣法改正
  • 留意点

第4章 法改正の基礎──
外国法(フランス法,ドイツ法)の概要と日本との異同

  • 欧州の法制度の枠組み
  • 格差を正当化する「客観的理由」
  • 日本の「同一労働同一賃金j改革──欧州との共通性と日本の独自性
  • 小括

むすび
「同一労働同一賃金」の実現に向けて

巻末資料
あとがき