東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

研究

所員の著書

仲修平(著)『岐路に立つ自営業 専門職の拡大と行方 』
(勁草書房, 2018年11月)

2018.11.27更新

岐路に立つ自営業

序 章 日本の自営業を読み解く


自営専門職に着目する意図
  1. 姿を変えて日常に見え隠れする自営業
  2. 本書における自営業の定義
  3. 統計データから見る日本の自営業
  4. 自営業,とりわけ自営専門職に着目する現代的意義
  5. 本書の構成
付記 本書で用いる社会調査データ

第1章 自営業の見方・測り方


社会階層研究の蓄積と残された研究課題
  1. 自営業の認識をめぐる問題
  2. 諸外国の研究動向
  3. 日本の研究動向
  4. 本書の検討課題──職業移動/職業構成/職業経歴/所得
補論1 自営業研究におけるその他の対象
補論2 統計データから見る自営業比率・失業率・雇用保護指数

第2章 自営業への/からの移動


失業率との関係に着目して
  1. 問題の所在──自営業は失業の受け皿になりうるのか
  2. 方法
  3. 分析結果
  4. 失業の受け皿とはなりえない日本の自営業


第3章 自営業の職業構成の趨勢


職業構造の変動を考慮して
  1. 問題の所在──自営業の職業構成は専門的・技術的職業へと移行しているのか
  2. 方法
  3. 分析結果
  4. 専門職化する自営業


第4章 自営専門職の職業経歴


職歴パターンとその条件の探索
  1. 問題の所在
      ──自営専門職を経験する人びとの職業経歴の特徴は何か
  2. 方法
  3. 分析結果
  4. 複線的なルートを持つ自営専門職


第5章 自営業の所得構造とその推移


職業間の比較
  1. 問題の所在──自営専門職は非専門職に比べて稼げるようになっているのか
  2. データと変数
  3. 分析結果
  4. 自営専門職の内部に生じる所得格差


第6章 自営専門職の所得格差


従業上の地位間の比較
  1. 問題の所在──自営専門職は常時雇用専門職に比べて稼げるのか
  2. 方法
  3. 分析結果
  4. 自営専門職の両義的な所得構造


終 章 結論と今後の課題


自営専門職から見る働き方の未来
  1. 各章の要約
  2. 本書の目的に対する結論
  3. 専門的職業における自営業という働き方
  4. 社会階層研究に対する貢献
  5. 今後の課題と展望
  6. おわりに


参考文献
あとがき
人名索引・事項索引
初出一覧