東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

研究

所員の著書

伊藤亜聖・高崎早和香(編著)
『飛躍するアフリカ!
-イノベーションとスタートアップの最新動向』 (JETRO, 2020年4月)

2020.8.19更新

飛躍するアフリカ!

第1部 総論

第1章 市場参入のカギ握るアフリカ・スタートアップとの連携

第2章 アフリカ主要国のスタートアップ概況

  • 南アフリカ共和国:優れた通信インフラと金融システムが魅力
  • ナイジェリア:「社会課題」を「チャンス」に変える
  • ケニア:東アフリカでは群を抜く存在感
  • エジプト:若年層の高い失業率や官民の後押しで起業が加速
  • ルワンダ:若い起業家の意欲を支えるエコシステム
  • チュニジア:革命後に生まれた起業精神と革新的発想

第2部 躍動するアフリカのスタートアップ

第3章 エコシステムのキーパーソンに聞く
現地最新事情

  • 域内随一の規模誇るエコシステム(南アフリカ共和国)
  • 変革期のナイジェリアに今こそ視線を(ナイジェリア)
  • ラゴスの最有力インキュベーションセンター、CcHUB(ナイジェリア)
  • コワーキングスペースは差別化の段階に(ケニア)
  • アフリカの魅力と医療系スタートアップの今(ケニア)
  • 中東・北アフリカ地域で若者の起業を支援(エジプト)
  • 競合が少ないことが魅力(エチオピア)
  • スタートアップ法を機に官民で支援(チュニジア)
  • モロッコの起業文化・スタートアップ育成に尽力(モロッコ)
  • フランス語圏アフリカでも進むスタートアップ支援(コートジボワール)

第4章 有望アグリテックに聞く課題解決の方法

  • 小規模農家向けに家畜を金融商品とするプラットフォームを開発(南アフリカ共和国)
  • ハエを活用して食料問題と環境問題の解決へ(南アフリカ共和国)
  • 安価なドローンサービスで農業成長を目指す(ナイジェリア)
  • 小規模農家と提携し林業の流通プラットフォームを開発(ケニア)
  • 水産養殖業向けの計測装置・管理アプリを開発(エジプト)
  • 水耕栽培技術を使った垂直農法で農業生産性の向上を図る(エチオピア)
  • アグリテックで農家の所得向上と地域経済の活性化目指す(英国、タンザニア)
  • 食品廃棄物を餌に幼虫から高品質飼料を生産(チュニジア)
  • アルゴリズムを活用し、農業用水を効率的に管理(チュニジア)
  • アフリカ初の超臨界二酸化炭素技術導入で有機原料を生産(チュニジア)
  • 効率的な農地運用を可能にするIoT ソリューションを提供(モロッコ)
  • ドローン技術を駆使した精密農業を展開(コートジボワール)

第5章 物流の変革者に聞くテクノロジーの利活用

  • アフリカ唯一のクラウド倉庫サービスを展開(南アフリカ共和国)
  • クラウドで輸送を一括管理(南アフリカ共和国)
  • インフォーマル市場の流通可視化に挑むフランス系スタートアップ(ケニア)
  • オートバイによる外食向けBtoB 配達アプリを展開(エジプト)
  • 発展する宅配ビジネスで、サービス拡大を目指す(エチオピア)
  • トラック輸送を効率化、マグレブからアフリカ全土へ(チュニジア)
  • 実務経験と理論に基づくテクノロジーで輸送を効率化(モロッコ)
  • 国内初のライドシェア、タクシー事情改善へ(アルジェリア)
  • 個人運送業者と連携で独自ネットワーク構築(コートジボワール)

【コラム】豊田通商出資のジップライン、ガーナでドローンによる医薬品配送

第6章 成長スタートアップに聞く将来展望

  • 少額手数料での海外送金を可能に(南アフリカ共和国)
  • ビットコインを活用したソーラーパネル設置・配電(南アフリカ共和国)
  • オンラインプラットフォームで、中古車売買に透明性を(ナイジェリア)
  • 伝統的な相互扶助の仕組みに着目、金融情報を可視化(ケニア)
  • オフグリッドソーラー発電システムの割賦販売でシェア獲得(ケニア)
  • 薬局と患者をつなぐプラットフォームで医薬品へのアクセス改善(エジプト)
  • 世界レベルのAI システムを開発、アフリカ人材の育成にも情熱(チュニジア)
  • バイク事故を減らすデバイスとアプリを開発、運転データの活用を目指す(モロッコ)
  • 「テックの女王」が開発する人工知能(AI)(エチオピア)
  • 企業経営管理ツールを開発、アフリカ中小企業の利益拡大に期待(コートジボワール)

第3部 アフリカを越えて

第7章 デジタル化時代の新興国に
どうアプローチするか

  • はじめに―仮説としての「デジタル新興国」
  • 産デジタル化の広がり
  • 新興国論の系譜のなかの位置付け
  • 新興国で増幅される可能性と脆弱性
  • おわりに―求められる対応