東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

研究

所員の著書

高須正和・高口康太(編著)
澤田翔・藤岡淳一・伊藤亜聖・山形浩生(著)
『プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション』
(KADOKAWA, 2020年7月)

2020.9.02更新

プロトタイプシティ
まえがき(高須正和・高口康太)

第1章 プロトタイプシティの時代(高須正和)

  • インターネットが変えた新興国
  • 「ユニコーン現象」が生んだプロトタイプ主導経済
  • イノベーションのグローバル化と日本のハマった落とし穴

第2章 中国イノベーションと「安全な公園」
(澤田翔)

  • 超高速ビジネスの作り方
  • アタリショックを避けるために
  • バックラッシュの時代

第3章 「ハードウェアの聖地」深センの秘密
(藤岡淳・高口康太)

  • 深センとはどんな街か?
  • 深センができるまで
  • 山賊たちのポストモダン
  • 公権力とプロトタイプシティ
  • 深センの未来

第4章 次のプロトタイプシティ
(伊藤亜聖・山形浩生・高口康太)

  • 先進国と新興国、それぞれのデジタル化
  • プロトタイプシティ成立の条件

第5章 プロトタイプシティ時代の戦い方
(ナオミ・ウー・GOROman・高口康太)

  • あなたの仕事はなんですか?――ナオミ・ウー
  • どうして今の自分になった?――GOROman
  • STEMとメイク、オープンソースが導いた現在――ナオミ
  • レガシー世界との戦い――ナオミ、GOROman
  • 次のチャレンジは?――ナオミ、GOROman

あとがき(高須正和・高口康太)