東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

研究

所員の著書

伊藤亜聖(著)
『デジタル化する新興国 先進国を超えるか、監視社会の到来か』 (中公新書, 2020年10月)

2020.10.23更新

デジタル化する新興国
序章 想像を超える新興国

第1章 デジタル化と新興国の現在

  • 新興国デジタル化のインパクト
  • デジタル化とは何か
  • 新興国論の系譜に位置づける

第2章 課題解決の地殻変動

  • プラットフォームによる信用の創出
  • ベンチャーによる「下から」の課題解決
  • 技術革新から社会革新へ

第3章 飛び越え型発展の論理

  • デジタル時代の「後発性の利益」
  • 甦る幼稚産業保護論
  • 再び問われる社会的能力

第4章 新興国リスクの虚実

  • インフラでの限定的な役割
  • デジタル化と雇用の緊張関係
  • 競争を歪めるプラットフォームと財閥

第5章 デジタル権威主義とポスト・トゥルース

  • アップデートされる権威主義
  • フェイクニュースと操られる民主主義
  • 米中「新冷戦」とデジタル化

第6章 共創パートナーとしての日本へ

  • 可能性と脆弱性の行方
  • コロナ危機による加速
  • 日本の国際戦略と複眼的対応

あとがき
参考文献