東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

研究

所員の著書

東大社研現代中国研究拠点(編)
『コロナ以後の東アジア 変動の力学』 (東京大学出版会, 2020年9月)

2020.9.30更新

コロナ以後の東アジア

I 総論

コロナ以後のアジア――2020年上半期の複眼的記録(伊藤亜聖)

アジアとコロナ危機――アジア通貨危機との比較
(末廣昭)

II 日本・韓国

新型コロナウイルス感染拡大の訪日観光への影響――インバウンドブームからコロナショックへ(宮島良明)

韓国は新型コロナウイルスにどう対応したか
(金明中)

III 中国

アフターコロナの中国政治社会――聞こえてきた「前進」の地響き(朱建榮)

コロナ危機をチャンスに変えようと模索する中国
(丸川知雄)

中国深圳の製造現場でみたコロナ危機と復旧
(藤岡淳一)

中国にとっての新型肺炎の「衝撃」と対米関係
(川島真)

IV 香港

加速する香港民主化運動の「新冷戦化」――コロナ禍と香港「国家安全維持法」(倉田徹)

国家安全と民主主義の相克――新型コロナウイルスと香港問題を通して考える(阿古智子)

V 台湾

新型コロナウイルスの封じ込めで増した台湾の存在感(福岡静哉)

苦悩のもとはウイルスか、米中対立か――台湾経済の立て直しと台湾企業の軌道修正(佐藤幸人)

台湾のコロナ対策成功で変わる台湾海峡の力学(松田康博)

VI 東南アジア

コロナショックと中国・ASEAN関係(畢世鴻)

ベトナムとタイにおけるコロナショックの影響
(坂田正三)

あとがき