東京大学社会科学研究所

東京大学

MENU

研究

所員の著書

宍戸常寿・林知更・小島慎司・西村裕一 (編著)
『戦後憲法学の70年を語る』
(日本評論社, 2020年7月)

2020.7.16更新

戦後憲法学の70年を語る

第1部 憲法総論その1ーー理論と方法

[解 題]「戦後憲法」が若かった頃(林 知更)

[座談会]

 第1 研究の出発点、憲法学の方法論

 第2 主権論と国家法人説
    ーードイツ憲法研究とフランス憲法研究(1)

 第3 国民主権からデモクラシーへ
    ーードイツ憲法研究とフランス憲法研究(2)



第2部 統治機構

[解 題]共通基盤に支えられた論争(小島慎司)

[座談会]

 第1 55年体制をどう考えるかーー議院内閣制(1)

 第2 統治構造の分析視角ーー議院内閣制(2)

 第3 権力分立論と国家の諸作用



第3部 司法権・人権

[解 題]「法学としての憲法学」の多様性(宍戸常寿)

[座談会]

 第1 司法権の概念

 第2 憲法訴訟論と審査基準論

 第3 私人間効力論



第4部 憲法総論その2ーー歴史と学説

[解 題]理念と現実の間(西村裕一)

[座談会]

 第1 日本憲法学説史

 第2 憲法と政治

 第3 日本社会と憲法学